日本のガソリン税どうあるべき廃止か維持か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数534
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本のガソリン税 どうあるべき 廃止か維持か
    民主党は、ガソリン税の暫定税率の廃止を目指し、 共産党 と 社民党 も賛成するようです。けれども、わたしは、大反対です。日本のガソリン税は少なくとも今の現状のままで維持するべきだと思っています。
    税(揮発油税)の概要、ガソリン税(揮発油税)は、ガソリン等の消費に課される税です。現在はガソリン1キロリットルあたり48,600円(1リットル=48.6円)が課税されており、その税収総額は約2.9兆円(平成18年度予算、一般会計・特別会計の総計額)にものぼります。
    このガソリン税は、税収の使用に限定があり、すなわち「目的税」であり、税収の全額が道路整備等に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。