金属アレルギーについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数389
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.目的
     最近はファッション雑誌や、店のウィンドウに飾られたマネキンを見ても目に付いて分かるよう、今やファッションにネックレス・ベルト等の小物アクセサリーが欠かせなくなってきている。夏になるとこれまでに比べ肌の露出も多くなり、アクセントとしてアクセサリーを身につけることが多くなる。一方で肌が危険にさらされやすくなっている。日焼けや、怪我などもそうであるが、それよりも露出している上に汗をかきやすくなっている肌に金属系のアクセサリーが直接触れて無意識的に炎症が起こってしまう肌トラブルである。せっかくアクセサリーでポイントをつけ個性を出そうとしてもそれによって肌をボロボロにされたのでは何の意味もないどころか、むしろマイナスである。それでも金属系アクセサリーがなくならないのはそのかっこよさと、まさか自分は金属アレルギーにならないだろうという油断があるからであろう。しかし今や金属アレルギーは誰にでもなる可能性が十分にある危険なものである。では、どれくらいの人が金属アレルギーを認識していて、今はまだ金属アレルギーではない人が金属アレルギーになる前に回避するにはどうすればよいのだろうか。

    2.方法、
     金属アレルギーについて部活仲間であり、金属アクセサリーをよく身につけている人と、あまり身につけていることが無い人の15名にアンケートを取った。

    3.結果
    金属アレルギーについて知っているかと言う質問に対し90%以上が知っていると答えた。
     金属アレルギーを知っていると答えた人の53%の人が自分は金属アレルギーであると答えた。面白いのはそのうちの62.5%、全体の33%にあたる人がそれでも金属を身につけていると答えていた事だ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金属アレルギーについて
    ~回避するためには?~
    1.目的
    最近はファッション雑誌や、店のウィンドウに飾られたマネキンを見ても目に付いて分かるよう、今やファッションにネックレス・ベルト等の小物アクセサリーが欠かせなくなってきている。夏になるとこれまでに比べ肌の露出も多くなり、アクセントとしてアクセサリーを身につけることが多くなる。一方で肌が危険にさらされやすくなっている。日焼けや、怪我などもそうであるが、それよりも露出している上に汗をかきやすくなっている肌に金属系のアクセサリーが直接触れて無意識的に炎症が起こってしまう肌トラブルである。せっかくアクセサリーでポイントをつけ個性を出そうとしてもそれによって肌をボロボロにされたのでは何の意味もないどころか、むしろマイナスである。それでも金属系アクセサリーがなくならないのはそのかっこよさと、まさか自分は金属アレルギーにならないだろうという油断があるからであろう。しかし今や金属アレルギーは誰にでもなる可能性が十分にある危険なものである。では、どれくらいの人が金属アレルギーを認識していて、今はまだ金属アレルギーではない人が金属アレルギーになる前に回..

    コメント7件

    yoshinori 購入
    GOOD!!
    2006/05/08 12:54 (10年7ヶ月前)

    kamada1221 購入
    gj
    2006/07/18 8:11 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 8:30 (10年4ヶ月前)

    rion41 購入
    参考にさせて頂きます。
    2006/09/06 0:36 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:41 (10年3ヶ月前)

    leehikaru 購入
    good
    2006/11/07 2:09 (10年1ヶ月前)

    pharmacist19 購入
    参考になりました。
    2007/02/01 14:28 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。