今、求められている理想の警察官像とは?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数5,640
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート警察理想警察官

    代表キーワード

    警察警察官

    資料紹介

    1.はじめに
     刑法犯認知件数が増加の一途をたどる中で、強盗、ピッキング用具を使用した侵入盗、傷害、暴行等の増加が目立っており、犯罪情勢は深刻化している。少年による犯罪は凶悪・粗暴化の傾向があり、国際社会においても社会・経済のグローバリゼーションの進展に伴い、犯罪活動も容易に国境を越えることが可能になり、犯罪のグローバリゼーションともいうべき問題を生じさせている。
     このような社会の中、今回は少年犯罪についてテーマをしぼり、警察活動の現況を広く理解してもらうために、少年を取り巻く治安情勢と警察活動について解説するとともに,少年犯罪について今後の課題について調べました。

    2.方法
     警察白書で現在の警察活動を理解し、犯罪別に件数や検挙率、その犯罪への対策を調べ、インターネットなどを用いて、求められている理想の警察官像を調べました。

    3.結果
    現状
    (1)少年非行情勢
     平成15年中の少年非行の情勢は、刑法犯少年の検挙人員が13年と14年に引き続き増加したほか、凶悪犯の検挙人員が11.4%増加するなど、依然として深刻である。また、刑法犯総検挙人員に占める少年の割合は38.0%(前年比2.8ポイント減)と高率であったほか、同年齢層の人口1,000人当たりの刑法犯少年の検挙人員は17.5人(前年比0.8ポイント増)と、戦後のピークであった昭和50年代後半の水準に近づきつつある。さらに、触法少年(刑法に触れる行為をした者に限る。)の補導人員は2万1,539人であった。
    (2) 平成15年中の少年非行の主な特徴
     〔1〕 深刻な状況にある凶悪犯
     平成15年中に凶悪犯で検挙した刑法犯少年は2,212人と、226人(前年比11.4%増)増加した。また、15年中に補導した触法少年のうち、凶悪犯の補導人員は212人(前年比47.2%増)で、平成に入ってから初めて200人を超えた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    警察官について
    ~今、求められている理想の警察官像とは?~
    読者へのメッセージ
     近頃、少年犯罪の凶悪化やハイテク犯罪の増加など、よく耳にする。改めて、国民の生命・身体・財産の保護、犯罪の予防・鎮圧・捜査、被疑者の逮捕、公安の維持を任務とする警察官の必要性が高くなっている。そこで、主に少年犯罪についての現状、対策、求められる警察官の姿について調べたいと思う。
    タイトル:警察官について
    サブタイトル:今、求められている理想の警察官像とは?
    1.はじめに
     刑法犯認知件数が増加の一途をたどる中で、強盗、ピッキング用具を使用した侵入盗、傷害、暴行等の増加が目立っており、犯罪情勢は深刻化している。少年による犯罪は凶悪・粗暴化の傾向があり、国際社会においても社会・経済のグローバリゼーションの進展に伴い、犯罪活動も容易に国境を越えることが可能になり、犯罪のグローバリゼーションともいうべき問題を生じさせている。
     このような社会の中、今回は少年犯罪についてテーマをしぼり、警察活動の現況を広く理解してもらうために、少年を取り巻く治安情勢と警察活動について解説するとともに,少年犯罪について今後の課題につ..

    コメント6件

    yoshinori 購入
    good
    2006/05/17 23:11 (10年6ヶ月前)

    seoseo 購入
    参考になりました
    2006/07/06 16:01 (10年5ヶ月前)

    kazuhiro1109 購入
    ok
    2006/07/14 14:41 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 9:18 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:40 (10年3ヶ月前)

    clipon 購入
    good
    2007/01/22 18:40 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。