情報化社会におけるコンピュータウィルスについての考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,035
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この研究では、今までにコンピュータウィルスとして挙げられていなかった、新しい種類のウィルスの可能性について記述している。
    本文で定義する提唱する新しい種類のコンピュータウィルスは、少し知識があれば、いとも簡単に作成できてしまうものであるにもかかわらず、もし感染が広がれば、被害は直接ヒトに対して何らかの影響を与える非常に大きなものになってしまうことは明らである。
    近年、コンピュータウィルスの高度化により、この論文を読むコンピュータユーザにも、感染の可能性があるのだということを認識して読んでいただければと思う。
    情報化社会における、コンピュータウィルスについての考察
    ―新型コンピュータウィルス「ヒト感染型」の提唱と
    感染被害の推測−
    はじめに
    近年、世界中おいて急速な情報化が進んでおり、日本もその例外ではなく、もはや1家庭1コンピュータと言われるほどに、エンドユーザの利用が増加している。また、小・中の義務教育においても、コンピュータ利用の教育が行われつつある。
    これに伴い、コンピュータウィルスの種類も年々驚くべき速さで増加する傾向にあり、全世界で85,000種(約5年前では10,000種)以上も存在するといわれている。こういった理由から、コンピュータウィルスによる被害がますます増加していくのではないかと推察される。
    こういった中で、私は今までに被害届けが出されていない”ヒト感染型”のコンピュータウィルスを提唱し、その発生と被害の可能性についての考察を行いたい。
    ?.目的
    近年増加し続けるコンピュータウィルスは、コンピュータネットワークの普及により、産業・社会分野におけるコンピュータのみならず、一般家庭コンピュータにまで侵入し、プログラム、データ等を破壊するなどの問題をもたらし、大きな問題となっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化社会における
    コンピュータウィルスについての考察
    -新型コンピュータウィルス「ヒト感染型」の提唱と
    感染被害の推測-
    この研究では、今までにコンピュータウィルスとして挙げられていなかった、新しい種類のウィルスの可能性について記述している。
    本文で定義する提唱する新しい種類のコンピュータウィルスは、少し知識があれば、いとも簡単に作成できてしまうものであるにもかかわらず、もし感染が広がれば、被害は直接ヒトに対して何らかの影響を与える非常に大きなものになってしまうことは明らである。
    近年、コンピュータウィルスの高度化により、この論文を読むコンピュータユーザにも、感染の可能性があるのだということを認識して読んでいただければと思う。
    情報化社会における、コンピュータウィルスについての考察
    ―新型コンピュータウィルス「ヒト感染型」の提唱と
    感染被害の推測-
    はじめに
    近年、世界中おいて急速な情報化が進んでおり、日本もその例外ではなく、もはや1家庭1コンピュータと言われるほどに、エンドユーザの利用が増加している。また、小・中の義務教育においても、コンピュータ利用の教育が行われつつある。
    これに..

    コメント1件

    snowzin 購入
    理工系の論文らしく、明朗完結にまとめられており、読みやすい。
    2005/11/10 2:53 (11年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。