アレルギー疾患について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,149
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日本では、なんらかのアレルギーを持っている人は全体の3分の2を占めるといわれている。そこでアレルギーとはどのようなメカニズムで起こるものなのか、アレルゲンとなるものや予防・治療方法はどんなものがあるのかアレルギーの種類ごとに調べてみたいと思った。
    また、ペット王国と呼ばれるだけあって私たちは動物と接することも多いはず。その中には私自身を含め動物アレルギーを持っている人もいるだろう。一般的にアレルゲンを避ければ症状は出ないということは知っているが、避けることだけが対処法だろうか。私はアレルギーを持っているが動物は大好きで犬も飼っている。アレルギー症状は少しでるが犬を手放そうと思ったことはない。しかし、住宅事情の問題などから、ここ数年、イヌやネコなどを庭で飼うのではなく、室内で動物を飼う機会が増えてきた。室外ではアレルギー症状を起こす危険性が若干減るものの、室内、それも現代のような気密な住宅内では、動物から出るアレルゲンとの接触が濃厚になり、アレルギーを発症する可能性が爆発的に増加した。さらに、ネコやイヌ以外にもアレルギーを起こしやすい動物はたくさんいる。ここ数年、フェレットやプレーリードッグ、ハムスター、モルモットなどを室内で飼われる方が増えている。飼いだしてからアレルギーを持っていることに気付き動物を手放す人もいるが、私は、一度買うと決めたのなら最後までその責任を果たすべきだと思う。だからアレルギーの中でも特に、動物アレルギーを持っている人でもちゃんと動物と付き合っていけるよう症状を改善する方法を探したいと思った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アレルギー疾患について
    ~動物アレルギーでも動物とうまく付き合うには~
    メッセージ
     アンケートを作る際、質問を考えるのが思ったより難しかった。適切な質問ができているか事前に何人かにアンケートをしてもらい改善を加えてから調査を行った。
     「動物が好きだ」「ペットを飼いたい」でも、動物アレルギーがあるから…と思っている人にこれを読んでこれから動物とどのように接していけばよいのかなにか糸口が見つかればいいと思う。
    アレルギー疾患について
    ~動物アレルギーでも動物とうまく付き合うには~
    目的
     今日本では、なんらかのアレルギーを持っている人は全体の3分の2を占めるといわれている。そこでアレルギーとはどのようなメカニズムで起こるものなのか、アレルゲンとなるものや予防・治療方法はどんなものがあるのかアレルギーの種類ごとに調べてみたいと思った。
    また、ペット王国と呼ばれるだけあって私たちは動物と接することも多いはず。その中には私自身を含め動物アレルギーを持っている人もいるだろう。一般的にアレルゲンを避ければ症状は出ないということは知っているが、避けることだけが対処法だろうか。私はアレルギーを持って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。