オレンジマーマレード

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数996
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■作り方と注意点■
    ?.オレンジの下準備
    ?外皮をよく洗い、横2つに切り果肉に指を押し当てて果汁を搾りだしガーゼで漉す。この果汁の重量をはかり、このうち15ml(5ml×オレンジの個数)を仕上げの風味付けに使うためはかり取っておく。
    ?果皮を6枚に切り分け1枚ずつ長方形になるようにカットして内側の白い部分を包丁で切り取る。
    〈注〉白い部分は裏側から見て皮のポツポツした穴が見えるまで切り取る
    ?幅1.0mmにそろえてスライスする。
    〈注〉この時、薄すぎるとつぶれやすくなり、厚く切りすぎるとゲル化せずに生のままになるので気をつける。
    ?切りそろえた皮は3%の食塩水に浸け2〜3分おき、その後流水でよく洗う。


    ?.オレンジのあく抜き
    ?鍋にたっぷりの水を入れ、その水で煮て沸騰したら煮汁を捨てる作業を3回繰り返して苦味を取るためのあく抜きをする。
    ?あく抜きを終えたら流水中で10分ほど冷やす。
    ?水切りをしてガーゼに包み、つぶさないように絞り湿重量をはかる。
    〈注〉この時の湿重量は148gであった。
    ?.ジャムを煮る
    ?果汁+果皮の湿重量の75.0%  砂糖           をはかりボールにとる
      └(全体−15ml)
    1.0%  ペクチン(レモン由来)をはかり混合しておく
    1.5%  粉末寒天〈注〉このとき、それぞれの重量は砂糖:375g、ペクチン:5g、粉末寒天:7.5gとなった。
    〈注〉砂糖をペクチンや粉末寒天と混合してしまわないように気をつける。
    ?果汁と果皮を鍋に入れ、はかり取った砂糖の約半分を鍋に入れ中火で加熱する。
    ?砂糖が溶けたら残り半分の1/3量の砂糖を加え、それが溶けたらさらに同量の砂糖にペクチンと粉末寒天を混ぜて鍋に加えて煮る。
    ?なかなかゲル化しない場合、甘味が足りないときは残りの砂糖を加える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食品加工学実習
    『オレンジマーマレード』
    オレンジマーマレード
    ■材料■     オレンジ(今回は甘夏を使用)…3個
             砂糖…375g(実際の使用量は331g)
             レモン汁…5~6滴
             食塩…水量に対し3%
             ペクチン粉末…5g
             粉末寒天…7.5g
    ■用具■     ホワイトキャップビン(ツイストビン 150ml)、包丁、まな板、ホーロー
             鍋、ジャム用しゃもじ、ボール、ザル、蒸器、ガーゼ、屈折糖度計
    ■作り方と注意点■
    Ⅰ.オレンジの下準備
    ①外皮をよく洗い、横2つに切り果肉に指を押し当てて果汁を搾りだしガーゼで漉す。この果汁の重量をはかり、このうち15ml(5ml×オレンジの個数)を仕上げの風味付けに使うためはかり取っておく。
    ②果皮を6枚に切り分け1枚ずつ長方形になるようにカットして内側の白い部分を包丁で切り取る。
    〈注〉白い部分は裏側から見て皮のポツポツした穴が見えるまで切り取る
    ③幅1.0mmにそろえてスライスする。
    〈注〉この時、薄すぎるとつぶれやすくなり、厚く切りすぎるとゲル..

    コメント4件

    kenjiro55 購入
    最後の語句説明の部分が大変面白かったし、勉強になった。自分でも作ってみたいです。(笑)
    2006/03/11 21:23 (10年9ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 9:07 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:34 (10年3ヶ月前)

    chacha38 購入
    参考になりました。
    2007/08/17 16:59 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。