土地っ子と流れ者

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数257
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    舞台はアメリカ、ケンタッキー州。農業が主であるこののどかな地で、ひとり自分の身のやり場を求めて悩み、苦しみ、激しく葛藤する“わたし”。そして彼女が母親から受け継いだ、彼女を取り巻く8匹の“飼いネコ”や“わたし”の感情、またラリーとの不倫関係において重要な役割を果たすもの。さらに、この小説を読み進めるに当たって、常につきまとう“静と動”の、さまざまな比喩的表現(特に暗喩)を用いて表された対比。以上の三点に留意しながら、作者であるボビー・アン・メイソン自身の生い立ち、感性を踏まえたうえで分析したいと思う。
     “わたし”は、これまでにアメリカ国内の旅を豊富に経験しており、社会の既成の枠組みの外において独自の考えでもって行動するといった、かなりのアウトサイダーな女性である。この情報からは“わたし”は一見「流れ者(Transients)」ではと容易に察しが付く。そんな彼女だが、学生時代の八年間を除いてはずっと生活の拠点をケンタッキーに置き、彼女の両親の体調がすぐれなくなり、両親の代わりに家と“ネコ”の面倒を見るようになってからというもの、完全にその土地に落ち着き『また街中に住むなんて考えられない、わたしにはトウモロコシ畑が必要なのだ』とまで言うようになってしまう。そしていわゆるYankeeの一人であり、ワードプロセッサーの実演をして回っている夫のステイーブンが仕事でルイヴィルへ赴任し、別居生活がスタートして間もなく、ラリーという愛人ができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    舞台はアメリカ、ケンタッキー州。農業が主であるこののどかな地で、ひとり自分の身のやり場を求めて悩み、苦しみ、激しく葛藤する“わたし”。そして彼女が母親から受け継いだ、彼女を取り巻く8匹の“飼いネコ”や“わたし”の感情、またラリーとの不倫関係において重要な役割を果たすもの。さらに、この小説を読み進めるに当たって、常につきまとう“静と動”の、さまざまな比喩的表現(特に暗喩)を用いて表された対比。以上の三点に留意しながら、作者であるボビー・アン・メイソン自身の生い立ち、感性を踏まえたうえで分析したいと思う。
     “わたし”は、これまでにアメリカ国内の旅を豊富に経験しており、社会の既成の枠組みの外において独自の考えでもって行動するといった、かなりのアウトサイダーな女性である。この情報からは“わたし”は一見「流れ者(Transients)」ではと容易に察しが付く。そんな彼女だが、学生時代の八年間を除いてはずっと生活の拠点をケンタッキーに置き、彼女の両親の体調がすぐれなくなり、両親の代わりに家と“ネコ”の面倒を見るようになってからというもの、完全にその土地に落ち着き『また街中に住むなんて考えられない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。