知能システム特別講義2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数238
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    既存のエージェントで比較的良く触れるものとしてMSエージェントがあるが,自分はこの講義を拝聴するまでその存在や働きなど考えたことも無かった.MSエージェントとしてはmicrosoftのofficeのヘルプで出てくる,イルカだけしか自分は触れた経験がないが,そのイルカでさえも(確かに見た目はかわいいかもしれないけれど)その必要性を感じたことは無く,出てきてもすぐに消してしまうものであった.これは,このMSエージェントであるイルカが,おせっかい過ぎて本来の作業の邪魔になることが多いことが原因のひとつであった.本来,MSエージェントのようなものはユーザに快適に使用してもらえるよう存在するものであるから,おせっかいすぎると無いほうがましというようなことになってしまう.そうならないようにするにはどうすればいいのか…理想としては,ユーザが必要としているときに限りインタラクションをとろうとするエージェントができればよい.これには,ユーザがどのようなときに必要とするかを学習していく必要がある.しかし,この学習というのがコンピュータにとっては難しいことのひとつである.もし,人間同士であれば相手の顔や動作を見ることで,その人が困っているとか問題ないとかある程度の状態は把握できる.これがコンピュータと人間の間でのインタラクションでは,コンピュータが人間の表情や動作を読み取って,それにより人の状態を判断するなどということは今現在不可能である.このような視覚的な情報がコンピュータは扱えないので,どうしてもユーザのコンピュータの使用状況とその後の動作などを記憶し,学習することで,次に同じような状況になった場合その学習内容から連想してエージェントが必要であるとか必要でないとかを判断しなくてはならない.このような方法ではどうしたって(人間が視覚情報を得ることなく判断したときと同様)判断は悪くなってしまう.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知能システム特別講義2
     既存のエージェントで比較的良く触れるものとしてMSエージェントがあるが,自分はこの講義を拝聴するまでその存在や働きなど考えたことも無かった.MSエージェントとしてはMicrosoftのOffⅰceのヘルプで出てくる,イルカだけしか自分は触れた経験がないが,そのイルカでさえも(確かに見た目はかわいいかもしれないけれど)その必要性を感じたことは無く,出てきてもすぐに消してしまうものであった.これは,このMSエージェントであるイルカが,おせっかい過ぎて本来の作業の邪魔になることが多いことが原因のひとつであった.本来,MSエージェントのようなものはユーザに快適に使用してもらえ..

    コメント1件

    taka1031hito 購入
    参考になりました。
    2006/12/19 3:31 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。