感性という人間独特のもの

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数408
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回いくつかのインタラクションにおける学習の話を聞いたが,“感性”という人間独特のものと関係がある感性インタラクションに関する話が特に興味深かった.というのも,最初に感性インタラクションという言葉を聞いたときコンピュータは人間の感性に関する部分について扱うことができるのかという疑問が真っ先に浮かんだからである.研究で取り扱っている“感性”というものは,着眼点を見出す能力と限定されていたが,それでも実現のしかたや考え方がどんなものであるか非常に興味がわいていた.
     先ほどの着眼点を見出す能力である感性を刺激し,複数ユーザの協調作業を支援するシステムについて考えていた.ここではその感性の刺激の方法として情報を可視化し感性を刺激した.この際に,可視化される情報としては視線,注視点,視線履歴があげられた.これら可視化する情報を用いて感性を刺激するときには,可視化を抑制する被覆や,協調支援をすることから質の可視化である強調,発想支援を行うのに利用される履歴による創発などをおこない,実験をおこなっていた.これらの中でも可視化の抑制による効果というものについては,実験ではあまり見られなかった.また,質の可視化については実際に誘引効果が認められたし,視線履歴から潜在的注視点を予想すると約85%ユーザはその場所が気になるという結果が得られており,おおむね良い結果が得られていた.
     自分は情報系の研究室に属しているため,日々コンピュータには触れているが,人工知能やニューラルネットワークには触れた経験がなく,それゆえコンピュータが学習することや感性を扱うということについては,その方法などもやもやとしたものであったが,興味がわく部分でもあった.今回のように感性を刺激し,コンピュータが人間の間違いなどを少なくするよう行動の支援をするということは,今後増えていくであろう.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知能システム特別講義
     今回いくつかのインタラクションにおける学習の話を聞いたが,“感性”という人間独特のものと関係がある感性インタラクションに関する話が特に興味深かった.というのも,最初に感性インタラクションという言葉を聞いたときコンピュータは人間の感性に関する部分について扱うことができるのかという疑問が真っ先に浮かんだからである.研究で取り扱っている“感性”というものは,着眼点を見出す能力と限定されていたが,それでも実現のしかたや考え方がどんなものであるか非常に興味がわいていた.
     先ほどの着眼点を見出す能力である感性を刺激し,複数ユーザの協調作業を支援するシステムについて考えていた.ここ..

    コメント2件

    taka1031hito 購入
    よかったです。
    2006/12/18 4:16 (10年前)

    hal666 購入
    参考になりました。
    2007/11/07 23:00 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。