NMRについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,515
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学NMRプロトン周波数

    代表キーワード

    理工学NMR

    資料紹介

    核磁気共鳴(NMR)nuclear magnetic resonance スペクトルは、有機化学者が用いうる構造決定手段のうちで、おそらく最も広く用いられている。分子内のある種の原子の磁気的性質を調べることによって、分子構造に関する情報が得られる。水素核(プロトン)を“見る”能力は、とくに有用であることがわかった。
    プロトンNMR( H‐NMR)スペクトルの通常測定用の装置は、1960年代にほとんどの化学者が利用できるようになった。1970年代での装置に関する技術的な進歩によって、化学者は C核を“見る”ことが可能になった。NMRによって多くの核が観測できるが、 H-NMRと C-NMRの組み合わせは、有機化学者にとって何物にも帰られない価値がある。
    〔NMR分光法の原理〕
    核磁気共鳴分光法は、磁気モーメントmagnetic momentを持つ核に適用できる。これらの核は、質量数が偶数だが原子番号が奇数である核( H, B, Nなど)でもよいが、質量数が奇数の核( H, B, C, N, F, Pなど)が典型的である。これらのカテゴリーの中にあっても、NMRシグナルを出さない核もある。例えば、フッ素は、ハロゲンの中で容易にNMRスペクトルを測定できる唯一の核である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NMRについて
    核磁気共鳴(NMR)nuclear magnetic resonance スペクトルは、有機化学者が用いうる構造決定手段のうちで、おそらく最も広く用いられている。分子内のある種の原子の磁気的性質を調べることによって、分子構造に関する情報が得られる。水素核(プロトン)を“見る”能力は、とくに有用であることがわかった。
    プロトンNMR( H‐NMR)スペクトルの通常測定用の装置は、1960年代にほとんどの化学者が利用できるようになった。1970年代での装置に関する技術的な進歩によって、化学者は C核を“見る”ことが可能になった。NMRによって多くの核が観測できるが、 H-NMRと C-NMRの組み合わせは、有機化学者にとって何物にも帰られない価値がある。
    〔NMR分光法の原理〕
    核磁気共鳴分光法は、磁気モーメントmagnetic momentを持つ核に適用できる。これらの核は、質量数が偶数だが原子番号が奇数である核( H, B, Nなど)でもよいが、質量数が奇数の核( H, B, C, N, F, Pなど)が典型的である。これらのカテゴリーの中にあっても、NMRシグナルを出..

    コメント1件

    nagoki0423 購入
    少し調べればでてくる内容なので、がっかりした。
    しかし、要点をうまくまとめている分見易いという点をふまえて、二点とした。
    2005/12/07 23:28 (11年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。