フェロモンについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数755
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    フェロモンは、ある生物によって分泌されると、同種の他の仲間から特別の応答を引き出す化合物である。すなわち、フェロモンは同種の間の通信用物質である。すべての動物が多かれ少なかれ、このようにしてフェロモンを利用しているという証拠がある。昆虫によって分泌される物質、特に性誘引フェロモンに最大の興味が向けられてきた。
     多くの昆虫の性誘引物質の効力は、生理活性の最も目覚しい実例である。雌のマイマイ蛾から分泌されたフェロモンは、同種の雄を1.5マイル以上離れた距離から引きつけることができる。更に、そのような応答を引き起こすのに、たった1×10−9gの誘引物質があれば良い。ある種の昆虫では、同じ種の他の仲間を引きつけるのに、たった30分子のフェロモンで十分である。
     フェロモンは昆虫の多くの行動に関与している。ある種のフェロモンは、警戒や危険を知らせ、他は食物の手がかりを示すのに使用される。合成的に生産したフェロモンが害虫を誘引および抑制する方法を提供できるという可能性は、世界の農業生産にとってたいへん重要な意味をもっている。

    【構造および起源】
     フェロモン研究の仕事は、それぞれの昆虫から得られた物質がごく微量であるので、めんどうである。最初に同定された性誘引物質の一つは蚕の蛾のものであった。50万匹の処女の雌蛾が約20mgの誘引物質を得るのに使われ、その物質は、一般にボンビコールと呼ばれているE−10−Z−12−ヘキサデカジエン−1−オールと同定された。
    ある特殊な化学的構造が生物活性であることの確認は、生きた昆虫を用いた最終的な試験によってなされる。ニ、三の例では、昆虫の応答が実際には単離または合成された物質中のごくわずかな不純物に起因していたため、誤った構造決定がなされた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フェロモンについて
     フェロモンは、ある生物によって分泌されると、同種の他の仲間から特別の応答を引き出す化合物である。すなわち、フェロモンは同種の間の通信用物質である。すべての動物が多かれ少なかれ、このようにしてフェロモンを利用しているという証拠がある。昆虫によって分泌される物質、特に性誘引フェロモンに最大の興味が向けられてきた。
     多くの昆虫の性誘引物質の効力は、生理活性の最も目覚しい実例である。雌のマイマイ蛾から分泌されたフェロモンは、同種の雄を1.5マイル以上離れた距離から引きつけることができる。更に、そのような応答を引き起こすのに、たった1×10-9gの誘引物質があれば良い。ある種の昆虫では、同じ種の他の仲間を引きつけるのに、たった30分子のフェロモンで十分である。
     フェロモンは昆虫の多くの行動に関与している。ある種のフェロモンは、警戒や危険を知らせ、他は食物の手がかりを示すのに使用される。合成的に生産したフェロモンが害虫を誘引および抑制する方法を提供できるという可能性は、世界の農業生産にとってたいへん重要な意味をもっている。
    【構造および起源】
     フェロモン研究の仕事は、そ..

    コメント1件

    hi171717 購入
    ・・・・
    2006/12/21 20:40 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。