分業の効用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数373
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    まず、工場そのものを分業化する。例えば、自動車メーカーと部品メーカー、その下請など、一つ一つ専門を作り分業化する。
    これは管理の容易化と、土着産業の取りこみがねらいである。
    一つの企業に、あれもこれもと取りこむと、たくさんの人材が必要になり、その一つ一つの管理も難しくなる。
    また、その土地によって、鉄の加工がやりやすかったり、昔から続いている伝統工業の応用でできたりと、地方によっての向き不向きを考慮する。
    ちなみにアメリカの大メーカーは、分業化しないで、一つの企業でやったほうが良いと信じられてきた。
    そして大量生産のためのベルトコンベアー式である。
    この単純化による効能は、技能習熟の容易化、自動機械化の容易化、そして技術者のオールマイティからスペシャリストに、という点である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は分業の効用を取り上げるにあたって、自動車工場の例をあげてみた。
    ①主に日産で行われている例である。
    まず、工場そのものを分業化する。例えば、自動車メーカーと部品メーカー、その下請など、一つ一つ専門を作り分業化する。
    これは管理の容易化と、土着産業の取りこみがねらいである。
    一つの企業に、あれもこれもと取りこむと、たくさんの人材が必要になり、その一つ一つの管理も難しくなる。
    また、その土地によって、鉄の加工がやりやすかったり、昔から続いている伝統工業の応用でできたりと、地方によっての向き不向きを考慮する。
    ちなみにアメリカの大メーカーは、分業化しないで、一つの企業でやったほうが良いと信じられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。