辞典・辞書の比較調査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数459
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?見出し語の種類・数
    『国史大辞典』 
    ・約5万4000項目
    ・基礎となる大項目と、それに関連する中・小項目で構成されている。さらに関連のある大項目を参照項目として載せている。
    ・現代かな遣いでかな見出しがあり、その下に本見出しとして漢字・カタカナを表記。
    ・ページ上に平仮名2文字または4文字で見出しがある。
    『日本歴史大辞典』 
    ・項目数不明
    ・基本となる大項目と、関連した中・小項目が示されている。
    ・現代かな遣いでかな見出しがあり、その下に本見出しとして漢字、カタカナ、ローマ字を表記。
    ・ページ上に平仮名で3文字の見出しがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:辞典・辞書についての調査
    身近な辞典・辞書についての調査ということなので、普段からお世話になっている国史大辞典を含めた、日本歴史に関する辞典・辞書を3冊挙げて調査しました。
    ○調査対象
    『国史大辞典』〔全15巻(本文14冊、索引上・中・下)、吉川弘文館〕
    『日本歴史大辞典』〔全10巻・別巻2冊、河出書房新社〕
    『日本歴史大事典』〔全4巻(本文3冊、索引資料1冊)、小学館〕
    ①見出し語の種類・数
    『国史大辞典』 
    ・約5万4000項目
    ・基礎となる大項目と、それに関連する中・小項目で構成されている。さらに関連のある大項目を参照項目として載せている。
    ・現代かな遣いでかな見出しがあり、その下に本見出しとして漢字・カタカナを表記。
    ・ページ上に平仮名2文字または4文字で見出しがある。
    『日本歴史大辞典』 
    ・項目数不明
    ・基本となる大項目と、関連した中・小項目が示されている。
    ・現代かな遣いでかな見出しがあり、その下に本見出しとして漢字、カタカナ、ローマ字を表記。
    ・ページ上に平仮名で3文字の見出しがある。
    『日本歴史大事典』 
    ・約2万7000項目
    ・基本となる大項目と、それに関連す..

    コメント1件

    youichi25 購入
    掘り下げ方が足りないように思われる。
    2005/10/28 8:30 (11年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。