ヘーゲル政治思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,257
ダウンロード数76
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヘーゲル
    〜人倫の体系〜
    フランス革命とそれに続くナポレオン戦争は旧体制の原理に理論的打撃を与えると共に、
    フランスのナショナリズムの反響として各地のナショナリズムを刺激することとなった。
    ドイツにおいては、政治的統一と新たな国家統合のモデルへの強い原動力となった。
    ヘーゲルの政治哲学はフランス革命に体現される近代の原理とナショナリズムを終始一貫念頭に置きつつ、新しい政治体制の構想を示そうとするものであった。
    彼は国家の目的を、個々人の利益の実現を究極の目的とした結合体とする見方を何よりも問題にする。こうした考えは国家をもっぱら人間の必要に根差した外面的なものとし、そこでは人間と国家との内面的絆は確立されることはない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヘーゲル
    ~人倫の体系~
    フランス革命とそれに続くナポレオン戦争は旧体制の原理に理論的打撃を与えると共に、
    フランスのナショナリズムの反響として各地のナショナリズムを刺激することとなった。
    ドイツにおいては、政治的統一と新たな国家統合のモデルへの強い原動力となった。
    ヘーゲルの政治哲学はフランス革命に体現される近代の原理とナショナリズムを終始一貫念頭に置きつつ、新しい政治体制の構想を示そうとするものであった。
    彼は国家の目的を、個々人の利益の実現を究極の目的とした結合体とする見方を何よりも問題にする。こうした考えは国家をもっぱら人間の必要に根差した外面的なものとし、そこでは人間と国家との内面的絆は確立されることはない。
    ヘーゲルは国家についての議論は個と全体との統一的把握を可能にする理性や人倫の立場に立脚しなければならないとし、この立場からすれば国家(民族)の中での共同生活こそは、ほかのいかなる生活よりも人間の真実の自由の実現であると考えられる。
    かくして理性の立場からする限り、国家を個人の権利や自由の実現のための手段とする議論は根本的に誤ったものとなる。バークは個人の自由を伝統と慣習..

    コメント13件

    sefiroth 購入
    ヘーゲルに対するあなたの考察は?
    2005/12/16 17:17 (11年前)

    kenjiro55 購入
    レポートの体裁にはなっていないようですが、要点はよくまとめられていると思います。
    2006/03/07 23:04 (10年9ヶ月前)

    chigiko 購入
    よかった
    2006/06/17 8:29 (10年6ヶ月前)

    s1506085ll 購入
    参考になった
    2006/06/25 17:28 (10年5ヶ月前)

    ikunaga 購入
    a
    2006/06/30 3:13 (10年5ヶ月前)

    yamauchi127 購入
    a
    2006/07/27 1:29 (10年4ヶ月前)

    yusuke0723 購入
    大変参考になった
    2006/07/27 2:32 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせて頂きました。
    2006/07/30 10:56 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    a
    2006/08/29 0:25 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:39 (10年3ヶ月前)

    naotan 購入
    参考になりました
    2006/11/21 7:58 (10年1ヶ月前)

    1001haru 購入
    good
    2006/11/22 2:27 (10年前)

    blacksarena 購入
    参考にします。
    2006/12/10 18:04 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。