マキャベリの政治思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,721
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    マキアヴェッリの政治思想
    ルネサンスとマキアヴェッリ
    近代政治思想の歩みは、古典古代および中世キリスト教世界の政治学を批判し、解体するところから始まる。
    ヨーロッパ近代の出発点とされる二つの精神的運動、『ルネサンス』と、『宗教革命』は、上記の点で注目されるべきものだった。
    要は、ルネサンスと宗教革命は、中世的世界と対決した。
    Q:どういうふうに対立したのか?
    A:古代の文献を採用することにより対立した。
        ↓
      具体的に言うと、
    ルネサンス:主として古代ギリシア−ローマの文献を自らの権威として持ち出す。
    宗教革命 :聖書という、伝統と権威とに満ちた文書から出発。
    上記の下線部三ヶ所の理由から、ルネサンスと宗教革命は「古代の伝統の繰り返し」という側面が見られる。
    また、それと同時に、新たな展開と発展がそこから出てくることになる。
    ルネサンス
    ・有名なのはイタリア・ルネサンス(代表的な人物:レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ)。
    ・スイスの歴史家J.ブルクハルトが著書『イタリアにおけるルネサンス文化』の中で「芸術品としての国家」「個人の発見」「人間と世界の発見」といったテーゼにより、中世的世界と違う新しい精神的世界の誕生を特徴づけた。
    ・文芸復興とも呼ばれ、多くのギリシアやローマの文献が再発見され、人々の関心と研究の的になった時代。
    文芸復興は人文主義(studia humanitatis, humanism)【古典語を学び、古代の文献を学習し、その内容を検討する】という研究教育活動に支えられ、人文社会諸学の内容は飛躍的に豊かになっていった。
    政治学においても古代の文献は注目を集め、フィレンツェやヴェネチアといった都市国家では、古代の都市国家の政治理論への共感が強く、共和主義の理念を熱狂的に受け入れた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マキアヴェッリの政治思想
    ルネサンスとマキアヴェッリ
    近代政治思想の歩みは、古典古代および中世キリスト教世界の政治学を批判し、解体するところから始まる。
    ヨーロッパ近代の出発点とされる二つの精神的運動、『ルネサンス』と、『宗教革命』は、上記の点で注目されるべきものだった。
    要は、ルネサンスと宗教革命は、中世的世界と対決した。
    Q:どういうふうに対立したのか?
    A:古代の文献を採用することにより対立した。
         ↓
      具体的に言うと、
    ルネサンス:主として古代ギリシア-ローマの文献を自らの権威として持ち出す。
    宗教革命 :聖書という、伝統と権威とに満ちた文書から出発。
    上記の下線部三ヶ所の理由から、ルネサンスと宗教革命は「古代の伝統の繰り返し」という側面が見られる。
    また、それと同時に、新たな展開と発展がそこから出てくることになる。
    ルネサンス
    有名なのはイタリア・ルネサンス(代表的な人物:レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ)。
    スイスの歴史家J.ブルクハルトが著書『イタリアにおけるルネサンス文化』の中で「芸術品としての国家」「個人の発見」「人間と世界の発見」といったテーゼに..

    コメント2件

    nozomu0104 購入
    わかりやすい。
    2006/09/10 17:35 (10年3ヶ月前)

    u_seiko 購入
    箇条書きなのでつながりがわかりにくい。
    2007/02/04 2:51 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。