アウグスティヌスの政治思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,711
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アウグスティヌスの政治思想
    【歴史哲学】
     アウグスティヌス=歴史哲学理論の形成に貢献した思想家の一人。
     歴史哲学・・・人間の歴史をある特定の視点から通観して、その歴史に対して解釈・評価を下すこと。
    アダムとイヴの神からの離反
     堕罪から始まる人類の歴史の諸現象の中に神の意志が初めから終わりに至るまで貫徹していることを確信しつつ、人間行為の中に相対的ではあるが一定の意義と価値を見出す→政治権力観に現れる。
     神の命令を破り堕罪することによって、人間自ら小さな神となって他者を支配する欲望が生まれた→政治権力の成立契機→政治権力は、平和と秩序を維持する故に、一定枠内でキリスト教の立場から正当化される→堕罪した人間に対する「罰と罪の矯正」として意味される。
    【国家観】
    アウグスティヌスの国家は人間社会における秩序維持のための強制力とみなされる。
    ポリスを倫理的共同体であり善と正義の実現形態とするプラトンとアリストテスの国家観や正義をギヴィタスの不可欠の構成原理としたキケロの国家観とは異なる。
    (国家強盗団説)
     国家成立の契機が他を圧倒する比類なき物理的強制力の独占であることを主張する。          
    →国家の平和と秩序をもたらす点において「神の国」とのかかわりを保ちつつ存在意義が認められる。 
    彼は信仰、思想を含む多くの分野で中世と近代に大きな影響を与え、中世では彼の政治思想は主として教皇主義者(ローマ教皇をキリスト教最高権威者とする上に政治的最高権威者であると主張した人々)によって曲解され、「神の国」は地上のローマ教会とみなされ「地の国」は現実の世俗国家とみなされた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アウグスティヌスの政治思想
     【歴史哲学】
      アウグスティヌス=歴史哲学理論の形成に貢献した思想家の一人。
       歴史哲学・・・人間の歴史をある特定の視点から通観して、その歴史に対して解釈・評価を下すこと。
               アダムとイヴの神からの離反
        堕罪から始まる人類の歴史の諸現象の中に神の意志が初めから終わりに至るまで貫徹していることを確信しつつ、人間行為の中に相対的ではあるが一定の意義と価値を見出す→政治権力観に現れる。
        神の命令を破り堕罪することによって、人間自ら小さな神となって他者を支配す
    る欲望が生まれた→政治権力の成立契機
        →政治権力は、平和と秩序を維持する故に、一定枠内でキリスト教の立場から正当化される→堕罪した人間に対する「罰と罪の矯正」として意味される。
     【国家観】
       アウグスティヌスの国家は人間社会における秩序維持のための強制力とみなされる。
    ポリスを倫理的共同体であり善と正義の実現形態とするプラトンとアリストテスの国家観や正義をギヴィタスの不可欠の構成原理としたキケロの国家観とは異なる。
    (国家強盗団説)
     国家成立の契機が..

    コメント3件

    kankankeri 購入
    it so nice
    2005/11/30 11:08 (11年前)

    kasuya 購入
    この手の資料がほしかったので助かりました。ありがとうございます!
    2006/07/10 14:33 (10年5ヶ月前)

    hachibun 購入
    よくまとまっていると思うけれど、ワードで3ページだけとは、短すぎるように思えた。あとこれはハッピーキャンパス全体の問題けれど、参考文献が書かれていないので、どこまでその文献を信頼してよいのか、信憑性に欠ける点がいまいち。せめて、主要文献だけは書いて欲しかった。
    2006/10/02 10:33 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。