自由主義の政治思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数809
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    フランス革命は民衆の政治参加の持つ激しいダイナミズムを白日の下に明らかにした。
    そして、アメリカにおいて見られた「多数者の専制」のような、平等の名の下に自由を制限する傾向を受けて、自由の擁護を表面に掲げるさまざまな自由主義の流れが出てきた。
    自由主義はその意味でジャコバン主義や社会主義との対立を一つの課題にしている。
    それは例えば、政治への参加を自由の本質とするルソー的・古代的考えと、私的活動における活動に自由の本質を見るロック的・近代的考えと峻別するコンスタンの主張となって現れた。
    しかし、この「政治からの自由」に力点を置く場合でも、それを維持するためには、権力分立で十分あるのか、「政治からの自由」を維持するためには何らかの形での「政治への自由」が必要ではないか、といった問題が出てくる。
    しかも自由主義は人間自由に力点を置く限り、保守主義のように伝統・慣習・身分制に依存するわけにはいかない。
    以下、「多数者の専制」の意味を問い直しつつ、大衆の政治参加の下で自由を維持する政治体制がいかにして可能かを、19世紀を代表する政治理論家、トクヴィルに即して見てみる。
    a トクヴィル(Alexis de Tocqueville 1805−1859)
    ―民主化と新しい危機―
    トクヴィルの出発点は、「諸階層間の平等」=デモクラシーが歴史の動かしがたい趨勢であるという認識にある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自由主義の政治思想
    フランス革命は民衆の政治参加の持つ激しいダイナミズムを白日の下に明らかにした。
    そして、アメリカにおいて見られた「多数者の専制」のような、平等の名の下に自由を制限する傾向を受けて、自由の擁護を表面に掲げるさまざまな自由主義の流れが出てきた。
    自由主義はその意味でジャコバン主義や社会主義との対立を一つの課題にしている。
    それは例えば、政治への参加を自由の本質とするルソー的・古代的考えと、私的活動における活動に自由の本質を見るロック的・近代的考えと峻別するコンスタンの主張となって現れた。
    しかし、この「政治からの自由」に力点を置く場合でも、それを維持するためには、権力分立で十分あるのか、「政治からの自由」を維持するためには何らかの形での「政治への自由」が必要ではないか、といった問題が出てくる。
    しかも自由主義は人間自由に力点を置く限り、保守主義のように伝統・慣習・身分制に依存するわけにはいかない。
    以下、「多数者の専制」の意味を問い直しつつ、大衆の政治参加の下で自由を維持する政治体制がいかにして可能かを、19世紀を代表する政治理論家、トクヴィルに即して見てみる。
    a ト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。