アメリカ独立革命

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,057
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ独立革命は、一方でイギリスからの独立であったと共に、自らのうちに憲法という形で、政治制度を確立する作業でもあった。
    独立期のアメリカ政治思想を支配したのは、ロック的個人主義よりも伝統的共和主義であった。
    ここでいう共和主義とは、王権に反対するのみならず、かつてハリントンやモンテスキューの共和主義政体論、ルソーの「社会契約論」に見られた古典的共和主義であった。
    「独立宣言」は「正当な権力は被冶者の同意に由来する」としているが、この原則は議論の局面がイギリス王との関係からアメリカ内部の政治体制の創設が問題になるにつれて、当初支配的であった支配契約服従説は後退し、ロック的社会契約説が変容して現れるようになった。
    ここに社会契約によって憲法を樹立し、人民は憲法制定権力を有するという考えが定着してくる。
    かつてのロックに見られた多数者と統治機構との結びつきは、憲法制度権力の理論によって整合的に展開されるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ独立革命と政治思想
    アメリカ独立革命は、一方でイギリスからの独立であったと共に、自らのうちに憲法という形で、政治制度を確立する作業でもあった。
    独立期のアメリカ政治思想を支配したのは、ロック的個人主義よりも伝統的共和主義であった。
    ここでいう共和主義とは、王権に反対するのみならず、かつてハリントンやモンテスキューの共和主義政体論、ルソーの「社会契約論」に見られた古典的共和主義であった。
    「独立宣言」は「正当な権力は被冶者の同意に由来する」としているが、この原則は議論の局面がイギリス王との関係からアメリカ内部の政治体制の創設が問題になるにつれて、当初支配的であった支配契約服従説は後退し、..

    コメント9件

    ikunaga 購入
    a
    2006/06/30 2:29 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせて頂きました。
    2006/07/30 10:51 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    q
    2006/08/28 0:29 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:33 (10年3ヶ月前)

    asd456 購入
    参考になりました
    2006/10/18 13:59 (10年1ヶ月前)

    yanshidan122 購入
    good
    2006/11/20 15:45 (10年前)

    naotan 購入
    参考になりました
    2006/11/21 8:01 (10年前)

    blacksarena 購入
    参考にします。
    2006/12/10 18:02 (10年前)

    songchi5678 購入
    good
    2006/12/22 7:52 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。