ミルトン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数354
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ピューリタン革命は、
    王権神授説を掲げる王権側と、コモン・ローと特権を維持しようとする議会グループ(エトワード・コークなど)の長期にわたる対決の中から生じた。
    この課税問題をめぐる大権と特権との対決という中世以来の議会に、国教会とカルヴィニスト(ピューリタン)という対立が加わり、絶対王政と共に国教会制が争点として取りあげられるに至った。
    革命は、
    ・大権と特権とのバランスの回復から議会による大権事項の掌握そして議会主権へと進んでいく。
    (それと並行して)
    ・国教の中身をカルヴィニズムに変える。
    ・国教制そのものの解体を試みる。
    ・国王の処刑共和国の成立が唱えられる中、国家のあり方、議会のあり方をめぐり、近代政治思想が現れてくる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ミルトンと独立派
    ピューリタン革命は、王権神授説を掲げる王権側と、コモン・ローと特権を維持しようとする議会グループ(エトワード・コークなど)の長期にわたる対決の中から生じた。
    この課税問題をめぐる大権と特権との対決という中世以来の議会に、国教会とカルヴィニスト(ピューリタン)という対立が加わり、絶対王政と共に国教会制が争点として取りあげられるに至った。
    革命は、
    大権と特権とのバランスの回復から議会による大権事項の掌握そして議会主権へと進んでいく。
    (それと並行して)
    国教の中身をカルヴィニズムに変える。
    国教制そのものの解体を試みる。
    国王の処刑共和国の成立が唱えられる中、国家のあり方、議会..

    コメント10件

    gems7691 購入
    よくまとめられていたと思います
    2006/04/26 0:00 (10年7ヶ月前)

    ikunaga 購入
    a
    2006/06/30 2:29 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせて頂きました。
    2006/07/30 10:52 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    w
    2006/08/24 0:32 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:31 (10年3ヶ月前)

    asd456 購入
    参考になりました
    2006/10/18 14:00 (10年2ヶ月前)

    yanshidan122 購入
    good
    2006/11/20 15:45 (10年1ヶ月前)

    naotan 購入
    参考になりました
    2006/11/21 8:01 (10年前)

    blacksarena 購入
    参考にします。
    2006/12/10 18:02 (10年前)

    songchi5678 購入
    good
    2006/12/22 7:52 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。