民事訴訟法レポート(訴訟物)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,370
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    物理訴訟理論裁判裁判所事例基準訴訟物

    代表キーワード

    民事訴訟法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.訴訟物とは、原告の訴え、具体的には訴状の請求の趣旨および原因によって特定され、裁判所の審判の対象となる権利関係を指す。訴訟物に関しては、特定の問題があるとともに、特定された訴訟物を前提として、二重起訴の禁止(142条)、訴えの変更(143条)、請求の併合(136条)、再訴の禁止(262条2項)、および既判力の客観的範囲(114条)などの訴訟法上の効果が決定される。
    2.このように、訴訟物の特定の基準は、訴訟手続上重要な意義をもっており、これに関しては、旧訴訟物理論と新訴訟物理論との対立がある。
    (1)旧訴訟物理論とは、原告が請求で主張している実体権そのものを訴訟物と捉える立場である。この立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。