茄子を夏に薦める理由

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数408
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート夏野菜なす栄養知恵

    代表キーワード

    栄養学なす夏野菜

    資料紹介

    ●便秘を解消し大腸ガンを予防・糖尿病や肥満を予防
    ビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などをバランス良く含んでいる。
    生体調節機能が優れていると言われ、特に豊富に含まれる食物繊維は、便秘を改善し大腸がんを予防したり、血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満を防ぐ効果がある。
    また、茄子に含まれる成分は熱にも強いため調理しても成分を多く摂取できる。

    ●老化防止

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【茄子を夏に薦める理由】
    ●体を冷やす効果がある
     夏野菜の中でも特に体を冷やす作用があり、
    昔から漢方ではのぼせや高血圧の人や暑さ負けしそうな時に食べると良いとされていた。
    発熱や日焼けなどで火照った体を冷やすことができる。
    ●肝臓機能を高める
    ナスにはコリンと言う機能性成分が含まれています。人の副腎皮質、肝臓などに存在する、無色の強アルカリ性物質で、血圧降下、胃液分泌促進などの機能を持っています。また、コリンは肝臓の働きを良くし、強壮、興奮作用があるとも言われています。卵黄やレバーに多く含まれていますが、ナスにもそう多くはありませんが、含まれています。
     夏に衰えた食欲、肝臓機能を高める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。