茄子の栄養価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,575
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ナスにはコリンと言う機能性成分が含まれています。人の副腎皮質、肝臓などに存在する、無色の強アルカリ性物質で、血圧降下、胃液分泌促進などの機能を持っています。また、コリンは肝臓の働きを良くし、強壮、興奮作用があるとも言われています。卵黄やレバーに多く含まれていますが、ナスにもそう多くはありませんが、含まれています。
     夏に衰えた食欲、肝臓機能を高めるのに、適量のコリンの摂取は有効です。だから昔の人は、夏から秋にかけて、ナスを

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●体を冷やす効果がある
    『栄養分: ほとんどが水分で、栄養的にはカリウム以外に目立ったものは含まれていません。夏野菜の中でも特に体を冷やす作用があり、体にほてりがある時や、暑さ負けしそうな時などには効果的と言われています。』
    http://www.shin-emon.co.jp/shun/summer.html
    『【特徴】 茄子は95%が水分で、栄養分はほとんど含まれていません。ただし、スポンジ状の果肉は油をよく吸収するので、植物油に含まれているリノール酸などの摂取には役立ちます。夏野菜は全体的に身体を冷やす冷却効果がありますが、中でも茄子の冷却作用は強いため、発熱や日焼けなどで身体が火照っている時などに食べると良いです。 』
    http://www.shufu2.jp/dic/hinto/0048.html
    『漢方では昔から、のぼせや高血圧の人が食べるとよいといわれています。身体を冷やす作用があるので、酒の肴にして悪酔いを予防するともいいます。「秋なすは嫁に食わすな」という諺は、秋なすは身体を冷やしたり、』
    http://www.futabakanpo.co.jp/column/col..

    コメント1件

    yokosan1501 購入
    参考になりました
    2006/07/12 0:08 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。