鰻の天然物と養殖物の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数463
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    さっぱりとした中にも深みがある味
    ・大きさに関わらずどんなに脂がのっていても小骨が気にならない、軽い味

    ・捕れた時期、捕れた川の餌の状況、生息している川の水質によって味が異なりアタリ・ハズレの差が大きい
    ・身体によい生餌を食べて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鰻の天然物と養殖物の特徴
    【天然物】
    男性的で筋肉質
    余分な脂がなく、あっさりと脂くどくないので食べやすい
    さっぱりとした中にも深みがある味
    大きさに関わらずどんなに脂がのっていても小骨が気にならない、軽い味
    捕れた時期、捕れた川の餌の状況、生息している川の水質によって味が異なりアタリ・ハズレの差が大きい
    身体によい生餌を食べてよく運動しているので栄養価も高い
    腹が黄色みを帯びている
    現在日本に出回っている鰻のうち、1割に満たないうえ、その一割の中でも美味しい鰻は限られる。
    産地としては、有明海・豊前海・岡山・浜名湖・利根川などがあり、それぞれに味(香り)が異なる。
    干潟のように泥の海に生息。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。