THA 退院指導パンフレット 感染ほか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,673
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    感染  人工関節手術に細菌感染が生じた場合、治療は厄介なものとなり、身体的・精神的苦痛は大きくなります。感染は、手術後すぐおこるものと考えられている方が多いですが、実は手術後3ヶ月以上経って起こる遅発感染の方が頻度的に多く見られます。この原因として、身体の他の部位からの血行性感染が言われています。人の身体は細菌だらけです。肺炎や尿路感染、虫歯や巻き爪や水虫、シップかぶれや足の引っかき傷から、菌が関節にとんでいったり、蜂窩織炎(ほうかしきえん)になることがあります。日頃から、体調管理に留意し、不調を感じたら早めの治療をこころがけましましょう。
    脱臼  通常の股関節は、筋肉や関節包、靭帯といった組..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。