哲学的人間学レポート課題 高度2万フィートの戦慄

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数431
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    哲学的人間学 レポート課題 「高度2万フィートの戦慄についての考察」
    ※ビデオ ミステリーゾン「高度2万フィートの戦慄」を観賞し、劇中の怪物とは何であったかについて考察する。
    高度2万フィートの戦慄は、半年間の治療を経て神経症から立ち直った主人公が、家路へ向かう飛行機の中で、自分だけに見える怪物と対峙し、神経症の再発に対する恐怖から立ち直るという体験を描いた物語である。この作品について私は、①怪物の正体は何であったか、②なぜ怪物は彼にしか見えなかったのかに焦点を絞り、作者の主張を読み解いてみたい。
    怪物の正体は何であったか
    主人公が神経症を発症したのは、今回と同じ家路に向かう飛行機の中だった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。