戦後アメリカでの日系人について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数810
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これは彼らに対する賞賛の言葉であるのと同時に、黒人やヒスパニックに対して彼らの勤勉さを手本とするべきという白人側からの間接的な批判も込められているのである。しかし実際は、その勤勉さにもかかわらず、アジア系アメリカ人のトップ・マネージメントへの昇進が、「ガラスの天井」という見えない障害物によって遮られているということも指摘されている。
     日系アメリカ人が強制収容されたように日本もアジアの国々に対して強制収容を行なっていた。このよう事に対して私たちは忘れてはいけない。このことは将来にも伝え続け、将来このような事が起きてはならないように守り続けることが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1941年12月7日、日本軍がハワイの真珠湾を奇襲すると、アメリカはすぐ、日系アメリカ人が国防に危険をもたらすのではないかと疑がった。アメリカ本土西海岸に集中して住む日系人はアメリカ政府によって強制収容所に送られた。約12万を強制収容所に収容し1年から3年、彼らを鉄条網と、その内側に向けられたアメリカ兵の銃により監禁した。彼らの大半は戦時転住局が管理する10ヶ所の強制収容所に入れられ、のこりの人々は司法省やそのほかの政府機関が管理する収容所や拘置所に入れられた。日米開戦の翌年1942年に、アメリカ西海岸とハワイの一部の地域にすむ日系アメリカ人たちは、その7割がアメリカ生まれの2世で市民権を持っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。