フランスの外国経営史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数602
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ◇19c後半のフランス農業◇
    二重の危機→産地間の競争激化→農産物の特化→農業のフード・ビジネス化

    ◇製塩会社による葡萄酒生産〜サラン・デュ・ミディ社〜◇
     安価葡萄酒の大量生産・大量バルク輸送という「規模の経済」で成功
     WW?後はリステルという商標で市場の地位を確保

    ◇産地呼称・銘柄の確立〜モエ(・シャンドン)社〜◇ 発泡葡萄酒「シャンパーニュ」
     産地の明確化=生産者・消費者間の信頼↑(信頼も競争手段の一つ) 

    ◇食品加工業の発展〜中心地ナントの三つの産業〜◇
    ? 製糖業・・・セイ社
    ? ビスケット産業・・・LU社、BN社
    ? 保存食料産業・・・ソーピケ社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2005/6/10
    外国経営史の基礎知識
    4-11 農業からフード・ビジネスへ-「先進国型」への模索
    ◇19c後半のフランス農業◇
    二重の危機→産地間の競争激化→農産物の特化→農業のフード・ビジネス化
    ◇製塩会社による葡萄酒生産~サラン・デュ・ミディ社~◇
     安価葡萄酒の大量生産・大量バルク輸送という「規模の経済」で成功
     WWⅡ後はリステルという商標で市場の地位を確保
    ◇産地呼称・銘柄の確立~モエ(・シャンドン)社~◇ 発泡葡萄酒「シャンパーニュ」
     産地の明確化=生産者・消費者間の信頼↑(信頼も競争手段の一つ) 
    ◇食品加工業の発展~中心地ナントの三つの産業~◇
    製糖業・・・セイ社
    ビス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。