身体の社会学―健康、病気、高齢化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数551
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    代替医療(薬草両方、マッサージなど)⇔正統医療(正規の医療システム)
    なぜ十分視力に富む先進工業国が??
    ・生物医学的健康モデルへの批判
    ・セルフヘルプ運動 ←自らの健康に対して能\動的
    ・現代という時代の所産(不眠症、ストレス、うつ病など)
    <身体の社会学>
    社会変動が体に及ぼす影響
    <健康の社会的基盤>
    健康の不平等・・・健康と病気が人口の隅々に不均等に分布
    階級と健康
    「社会的経済的位置づけが高い人たちは、社会的尺度が下位の人たちよりも、平均して健康で、背が高く頑強で、長生きである。」
    「貧しい人たちは、裕福な人たちに比べて、すべての年齢層で死亡リスクが大きい。」
    健康面の不平等と社会階級を結びつけるメカニズムをまだ突きとめていない!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2005/10/28 
    第六章 身体の社会学―健康、病気、高齢化
    代替医療(薬草両方、マッサージなど)⇔正統医療(正規の医療システム)
    なぜ十分視力に富む先進工業国が??
    生物医学的健康モデルへの批判
    セルフヘルプ運動 ←自らの健康に対して能動的
    現代という時代の所産(不眠症、ストレス、うつ病など)
    <身体の社会学>
    社会変動が体に及ぼす影響
    <健康の社会的基盤>
    健康の不平等・・・健康と病気が人口の隅々に不均等に分布
    階級と健康
    「社会的経済的位置づけが高い人たちは、社会的尺度が下位の人たちよりも、平均して健康で、背が高く頑強で、長生きである。」
    「貧しい人たちは、裕福な人たちに比べて、すべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。