ロシア革命

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数564
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1917年 ロシア帝国で起こった二度の革命
    市場最初の社会主義国家樹立につながる十月革命(十一月革命)
    ※ 当時のロシア暦:「二月革命」「十月革命」
    →グレゴリオ暦:「三月革命」「十一月革命」

    1861年 農奴解放以後も農民の生活向上は緩やかで、
    封建的な社会体制に対する不満が継続的に存在

    19世紀末以降の産業革命により工業労働者が増加し、社会主義勢力の影響が浸透
    ⇔ロマノフ朝の絶対専制を維持する政府は、社会の変化に対し有効な対策を講じず
    →1881年 皇帝アレクサンドル2世の暗殺

    1905年 地の日曜日事件:日露戦争での苦戦が続くロシア帝国の首都ペテルブルグで、生活の困窮に不満を持った労働者の請願デモに対し政府が発砲し、大量の死者が発生
    →労働者・兵士を中心に革命運動が活発化し、全国各地でソヴィエト(労兵協議会)が結成
    →黒海艦隊では戦艦ポチョムキンの兵士が反乱をおこす

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2004/12/17
    ロシア革命
    1917年 ロシア帝国で起こった二度の革命
    市場最初の社会主義国家樹立につながる十月革命(十一月革命)
    当時のロシア暦:「二月革命」「十月革命」
    →グレゴリオ暦:「三月革命」「十一月革命」
    農奴解放以後も農民の生活向上は緩やかで、
    封建的な社会体制に対する不満が継続的に存在
    19世紀末以降の産業革命により工業労働者が増加し、社会主義勢力の影響が浸透
    ⇔ロマノフ朝の絶対専制を維持する政府は、社会の変化に対し有効な対策を講じず
    →1881年 皇帝アレクサンドル2世の暗殺
    地の日曜日事件:日露戦争での苦戦が続くロシア帝国の首都ペテルブルグで、生活の困窮に不満を持った..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。