国家とは何か(官僚界の生成と構造)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数406
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国家の主要な力
    =世界のあらゆる自称に自発的にあてはめる思考カテゴリーを作り上げ押し付けること

    トーマス・ハベルトン曰く、学校=国家の学校
    誇張的懐疑⇔国家の思考と縁を切るのは困難  ex)綴字法

    根源的懐疑
    =思考そのものに含まれる前提を疑ってかかること

    国家の生成と資本の集中過程
    国家が象徴的暴力を行使できる(国家独占)

    普遍性の独占化と国家貴族
    ⇒この独占と利得の独占を切り離す

    国家の出現がもたらしたもの
    ・ 画一化
    ・ 相対的普遍化
    ・ 国家の生産する普遍的資源の独占化

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2004/10/29
    国家とは何か 官僚界の生成と構造
    国家の主要な力
    =世界のあらゆる自称に自発的にあてはめる思考カテゴリーを作り上げ押し付けること
    トーマス・ハベルトン曰く、学校=国家の学校
    誇張的懐疑⇔国家の思考と縁を切るのは困難  ex)綴字法
    根源的懐疑
    =思考そのものに含まれる前提を疑ってかかること
    国家の生成と資本の集中過程
    国家が象徴的暴力を行使できる(国家独占)
    普遍性の独占化と国家貴族
    ⇒この独占と利得の独占を切り離す
    国家の出現がもたらしたもの
    画一化
    相対的普遍化
    国家の生産する普遍的資源の独占化
                ↓
    普遍性への従属・(無私無欲な)公共善への献身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。