自由と規律

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,608
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この「自由と規律」にはイギリスの私立学校であるパブリックスクールの生活とそこに存在する様々なイギリスの思想や習慣、その他もろもろのことが興味深い事実として挙げられている。その中でも、その題名のとおり「自由と規律」に関してのことは一読の価値があるであろう。
    それは、パブリックスクールの寄宿制度という全寮制の生活によって培われることになる。すなわち、一日二十四時間にわたる共同生活により、教師と生徒、または生徒間の緊密な接触によって常に人格淘汰の機会に恵まれること、この生活によっておのずから責任・規律の確固たる自覚が養成されることである。
    その食生活においては、育ち盛りの12歳〜19歳が一日に、朝:オートミール少量・燻製鰊・ソーセージ一片・三寸角のパン二切れ・紅茶、昼:馬鈴薯を主とした肉少量の一皿・人参・キャベツ少量・菓子一皿・パン一片・マーガリン少量・紅茶、という極端な食生活を通じて、彼らは食糧事情に対する人体の適応性がいかに優れているかをこの食生活で体験し、そこには忍耐の精神が生まれると同時に、人間の持つ適応性を信じて正面から現実と取り組んでいく勇気を得るという。その生活ぶりは、勉強に当てられている時間には勉強をしようとする意識が自然に生まれてきていることからも容易に想像できよう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自由と規律」
    この「自由と規律」にはイギリスの私立学校であるパブリックスクールの生活とそこに存在する様々なイギリスの思想や習慣、その他もろもろのことが興味深い事実として挙げられている。その中でも、その題名のとおり「自由と規律」に関してのことは一読の価値があるであろう。
     それは、パブリックスクールの寄宿制度という全寮制の生活によって培われることになる。すなわち、一日二十四時間にわたる共同生活により、教師と生徒、または生徒間の緊密な接触によって常に人格淘汰の機会に恵まれること、この生活によっておのずから責任・規律の確固たる自覚が養成されることである。
    その食生活においては、育ち盛りの12歳~19歳が一日に、朝:オートミール少量・燻製鰊・ソーセージ一片・三寸角のパン二切れ・紅茶、昼:馬鈴薯を主とした肉少量の一皿・人参・キャベツ少量・菓子一皿・パン一片・マーガリン少量・紅茶、という極端な食生活を通じて、彼らは食糧事情に対する人体の適応性がいかに優れているかをこの食生活で体験し、そこには忍耐の精神が生まれると同時に、人間の持つ適応性を信じて正面から現実と取り組んでいく勇気を得るという。その生..

    コメント11件

    kenjiro55 購入
    本のタイトルであれば『』でくくるのが基本ルールです。その他、ところどころに稚拙な表現が目立つのが気になりました。
    2006/03/14 3:30 (10年9ヶ月前)

    koki515 購入
    参考になりました
    2006/04/25 22:18 (10年7ヶ月前)

    yoshinori 購入
    GOOD!!
    2006/05/08 12:31 (10年7ヶ月前)

    kobebeef 購入
     
    2006/06/09 12:51 (10年6ヶ月前)

    yamaotoko 購入
    内容は浅いとおもう
    2006/06/11 21:01 (10年6ヶ月前)

    bayerun 購入
    参考になりました。
    2006/06/29 22:04 (10年5ヶ月前)

    cosmos 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2006/07/18 14:53 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    とても参考になりました。
    2006/07/30 16:09 (10年4ヶ月前)

    shoutasasaki 購入
    最高。
    2006/08/21 22:40 (10年3ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    a
    2006/09/03 22:58 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:36 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。