持続可能な発展

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,075
ダウンロード数82
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「持続可能な発展(Sustainable Development)」は、資源やエネルギー(とくに化石燃料)の使用や廃棄物を減らし、環境再生を最優先する方向への社会経済の転換を表す包括的な用語です。日本では、「循環型社会」という言葉が主に用いられています。
    一、 日本国内においての環境のための取り組み
     日本を代表する環境問題に取り組む機関である環境省においては、下記のことが実践されています。
    (1)グリーン調達の推進
     物品やサービスの購入に当たっては、国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律<グリーン法>の趣旨に基づき、環境負荷の少ない製品等を積極的に選択し、グリーン調達を最大限進めます。グリーン購入とは、製品やサービスを購入する際に、環境を考慮して、必要性をよく考え、環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入することです。これによって、消費生活など購入者自身の活動を環境にやさしいものにするだけでなく、供給側の企業に環境負荷の少ない製品の開発を促すことで、経済活動全体を変えていく可能性があります。
    (2)温室効果ガスその他の環境負荷の低減
     地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき政府が定める計画を積極的に実行することや汚染物質の排出を制限する各種環境法規を遵守することはもとより、その他の実施可能な活動を通じ、庁舎におけるエネルギー消費や自動車等の使用に伴って発生する二酸化炭素や窒素酸化物、浮遊粒子状物質、その他の汚染物質の負荷量を削減していきます。
    (3)資源の消費量の削減を含む循環型の活動の推進
     循環型社会形成推進基本法等の趣旨に則りつつ、物品の使用を合理化するとともに、リユースやリサイクルを進め、資源の消費量を減らすと同時に廃棄物になる物を積極的に削減していきます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「持続可能な発展(Sustainable Development)」は、資源やエネルギー(とくに化石燃料)の使用や廃棄物を減らし、環境再生を最優先する方向への社会経済の転換を表す包括的な用語です。日本では、「循環型社会」という言葉が主に用いられています。
    一、 日本国内においての環境のための取り組み
     日本を代表する環境問題に取り組む機関である環境省においては、下記のことが実践されています。
    (1)グリーン調達の推進
     物品やサービスの購入に当たっては、国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律<グリーン法>の趣旨に基づき、環境負荷の少ない製品等を積極的に選択し、グリーン調達を最大限進めます。グリーン購入とは、製品やサービスを購入する際に、環境を考慮して、必要性をよく考え、環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入することです。これによって、消費生活など購入者自身の活動を環境にやさしいものにするだけでなく、供給側の企業に環境負荷の少ない製品の開発を促すことで、経済活動全体を変えていく可能性があります。
    (2)温室効果ガスその他の環境負荷の低減
     地球温暖化対策の推進に関する法..

    コメント3件

    masakikokubo 購入
    素晴らしいです。
    2006/07/24 16:29 (10年4ヶ月前)

    ozaozadex 購入
    good
    2007/01/21 11:08 (9年10ヶ月前)

    civic1730 購入
    わかりやすい
    2007/07/28 4:22 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。