法医学 死の分類

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数798
ダウンロード数82
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    人格が失われたことによって、脳死患者は価値を有する生物学的生命でしかないと考えることはできない。全ての死の規準が「人格の喪失」に統一するという定義の仕方は、価値を有する生物学的生命と尊厳を有する人格的生命との区別をも生み出す。しかし、人格の尊厳への配慮が表されるのは、身体においてであり、身体を事物の類に貶めることはできないという考え方を私はとりたい。臓器移植後進国である日本の現状の問題としては、脳死・臓器移植に対する知識不足、脳死の判定方法、など様々あるが、実際、この問題をクリアしていかなければ、いつまでたっても

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法医学Ⅰ 期末レポート 
    「死に対する自分の考えと死の分類について」
     
     
     はじめに
     死とは、感情論でいえば恐怖、不安などを連想させる言葉である。しかし、同時に考えるところの多いものである。よって私は、死とは何か、ということを定義しつつ、「死」について思うところを考察していきたいと思う。
     まず死とは何か、ということについて考えてみたい。基本的には人の死は三兆候死、つまり「呼吸停止、心肺停止、対光反射の停止」によるものとされているが、近年の医療技術の発達によって人の生を「人工的に」保つことが出来るようになり、脳死のような複雑な事態が様々起こるようになった。脳死の場合においては確かに心拍も..

    コメント16件

    LaDyBug 購入
    ok
    2006/04/18 2:49 (10年8ヶ月前)

    glock17 購入
    結構わかりやすかった。
    2006/04/23 3:43 (10年7ヶ月前)

    yoshinori 購入
    GOOD!!
    2006/05/08 13:00 (10年7ヶ月前)

    kamada1221 購入
    gj
    2006/07/18 8:13 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 8:31 (10年4ヶ月前)

    economy1985 購入
    参考になりました
    2006/08/20 8:10 (10年4ヶ月前)

    rion41 購入
    参考にさせて頂きます。
    2006/09/06 0:36 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:23 (10年3ヶ月前)

    kazuchi13 購入
    ためになりました
    2006/10/29 16:47 (10年1ヶ月前)

    kouzirou 購入
    参考になりました。
    2006/11/18 15:37 (10年1ヶ月前)

    busted01 購入
    参考になりました
    2006/11/23 22:19 (10年前)

    ringoringo 購入
    参考にさせていただきました
    2007/01/09 23:20 (9年11ヶ月前)

    sati108 購入
    参考になります
    2007/01/18 0:08 (9年11ヶ月前)

    pharmacist19 購入
    参考になりました。
    2007/02/01 14:27 (9年10ヶ月前)

    db00093 購入
    参考になりました
    2007/06/03 21:41 (9年6ヶ月前)

    oyateru 購入
    参考になります
    2007/08/02 8:57 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。