アイスホッケーからみる日本のプロスポーツビジネス

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数40
閲覧数5,110
ダウンロード数71
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アイスホッケーからみる日本のプロスポーツビジネス
    (論文要旨)
    日本のアイスホッケー界が抱えている問題を分析し今後、どうすれば日本でアイスホッケービジネスが成り立つか考えていった。
    1章では、日本のスポーツ界が、企業スポーツによって成り立っていた過去から企業だけに頼るのではなく、企業とチームとファンとが手をつなぎ、社会貢献を目指す方法を模索していく。そして、欧米で浸透しているスポーツ文化が日本にどうしていけば、根付いていくかスポーツ界全体を通して分析していった。2章では、日本のアイスホッケーの現状をアイスホッケーの歴史や、競技人口の推移や観客動員数から見たアイスホッケー人気、そして、外的環境としてアイスリンクの状況などから分析していった。3章では、海外でのアイスホッケーをチェコとアメリカ、カナダを中心にリーグシステムやユースリーグなどを分析していき、4章では、その他のスポーツを、リーグシステムやチームの経営状況、観客動員数やリーグビジョン、ユースシステムに、日本代表、競技人口の推移などを比較し分析していった。そして、5章で今後のアイスホッケー界の改善点などをのべた。この5章を考えることが一番楽しかった。どうすれば、今後アイスホッケー界が活性化できるか、考えるだけでなく、行動に移せるのではないかということも知った。自分たちがその中でできることを形に結んでいけるよう今後、アイスホッケーに僕の少しの人生をささげていく。
    アイスホッケーをテーマに卒論を書くにあたって苦労した点は、情報がとても少ないこと。マイナースポーツであるため、あまり取り上げるテーマとして論文や本の中で取り上げられていない。そのため、データを集めるために直接、連盟やアジアリーグ関係者、各チーム関係者などにもお世話になった。他のスポーツでも直接連盟に問い合わせて知った事実もあり、自分の足で直接情報を得ることがどれだけ大切か改めて思い知らされた。このことを社会人になっても忘れず、人生を切り開いていきたい。
    アイスホッケーからみる日本のプロスポーツビジネス
    一章:スポーツビジネスとは
    ①今のスポーツ界の現状 5
    ②スポーツ文化の違い(日本と欧米) 7
    ③プロスポーツビジネスとは 8
    ④日本と世界とのプロスポーツビジネスの違い 10
    二章:アイスホッケービジネス(日本のアイスホッケー界の現状)
    ①日本アイスホッケー界の歴史 12
    ②外的環境 14
    ③トップリーグ(日本リーグとアジアリーグ) 14
    三章:アイスホッケービジネス(海外のアイスホッケー事情と比較)
    ①リーグシステム 19
    ②ユースリーグシステム 22
    四章:日本での他のスポーツとの比較
    ①リーグシステム 26
    ②経営状況 28
    ③観客動員数 29
    ④リーグビジョン 31
    ⑤ユースシステム 32
    ⑥日本代表 33
    ⑦競技人口の推移 34
    五章:アイスホッケー界の今後の改善点
    ①アジアリーグの整備 36
    ②アジアリーグの各チームの整備 37
    ③日本アイスホッケー連盟の整備 38
    ④地域リーグの整備 39
    ⑤ユースシステムの整備 39
    ⑥感想 40
    参考文献
    井上俊[1999] 『スポーツ文化を学ぶ人のために』 世界思想社
    笹川スポーツ財団[2006] 『スポーツ白書』 笹川スポーツ財団
    原田宗彦[2007] 『スポーツ産業論第4版』 架林書院
    平田竹男・中村好男[2005] 『トップスポーツビジネスの最前線』 講談社BIZ
    広瀬一郎[2005] 『スポーツ・マネジメント入門』 東洋経済新報社
    ボニーL・パークハウス[1995] 『スポー

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アイスホッケーからみる日本のプロスポーツビジネス
    (論文要旨)
    日本のアイスホッケー界が抱えている問題を分析し今後、どうすれば日本でアイスホッケービジネスが成り立つか考えていった。
    1章では、日本のスポーツ界が、企業スポーツによって成り立っていた過去から企業だけに頼るのではなく、企業とチームとファンとが手をつなぎ、社会貢献を目指す方法を模索していく。そして、欧米で浸透しているスポーツ文化が日本にどうしていけば、根付いていくかスポーツ界全体を通して分析していった。2章では、日本のアイスホッケーの現状をアイスホッケーの歴史や、競技人口の推移や観客動員数から見たアイスホッケー人気、そして、外的環境としてアイスリンクの状況などから分析していった。3章では、海外でのアイスホッケーをチェコとアメリカ、カナダを中心にリーグシステムやユースリーグなどを分析していき、4章では、その他のスポーツを、リーグシステムやチームの経営状況、観客動員数やリーグビジョン、ユースシステムに、日本代表、競技人口の推移などを比較し分析していった。そして、5章で今後のアイスホッケー界の改善点などをのべた。この5章を考えること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。