ネットプライス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数375
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    YY

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                       
    選んだ課題
    「ネットプライスとビジネスが出来ると思う会社または媒体」
    1・私が考えるネットプライスとビジネスが出来る会社または媒体
    (1)「新聞社」
    2・なぜ「新聞社」を選んだのか。
    (1)信頼性がある。(130年の歴史)
    (2)発行エリア・発行部数の特徴
    新聞は全国紙だけで合計約2700万部、地方紙も健在です。発行エリアの世帯普及率を見てみると70%以上が4紙、60%以上が10紙、50%以上が11紙ある。しかも、新聞を1軒で何紙もとっている家庭は少ないため、情報到達の重複も少ない。テレビCMと違って新聞はいつでも読めて、しかもページ数が限られている。そう考えると、新聞の情報到達率はかなり高いことがわかります。
    (3)競合他社が広告を出していることもわかるし、広告が載っていたことが話題にもなる。
    (4)世界各地に豊富な情報網、取材網を張り巡らしている。
    3・「新聞社」の弱み
     (1)「新聞」は情報量に限りがある。
        →各社がホームページを持つことでマス媒体がピッチャーで、ホームページがその受け皿、キャッチャーミットの役割を果たしている。
    (..

    コメント1件

    mihara 購入
    どうもありがとうございました
    2006/11/22 20:44 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。