公的扶助2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,004
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     1962年、行政不服審査法が制定され、行政処分一般に不服の申し立ての道が開かれた。
     生活保護法において、保護を受けることを国民の権利であることを明確に示しているのが、不服申立て制度である。
     不服審査制度の目的は、行政不服審査制度の第1条で、「この法律は、行政庁の違法または不法な性分、その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民に対して広く行政庁に対する不服申立ての道を開くことによって、簡易迅速な手続きによる国民の権利と利益の救済を図るとともに、行政の適切な運営を確保することを目的としている。問題が生存権・生活権に関わるものだけにすばやい解決が要求される。
     不服申立てには3つあり、「異議申立て」「審査請求」「再審査請求」である。
     異議申立ては、行政処分を行った行政庁又は不作為の状態にある行政庁に対して行う不服申立てのことである。生活保護法に基づく行政処分の場合には、上級行政庁があるため、異議申立てはしない。
     審査請求は、処分庁や不作為庁以外の行政庁、つまり、すぐ上に位置する上級行政庁に対して行う不服申立てである。生活保護法第64条では、「保護の実施機関が行った保護の開始、却下、停止等の処分に不服がある者は、生活保護法及び行政不服審査法に基づき、都道府県知事に対し審査請求することができる。」とされている。審査請求を受理した都道府県知事は、行政不服審査法所定の手続きに従い、当該処分に違法又は不当な点がないか50日以内に審査した上で採決を行う。
     再審査請求は、審査請求の採決に不服がある者に認められた不服申立ての方法である。生活保護法第66条では、「審査請求を得ても、当該処分または当該採決あるいはその双方になお不服がある者は、厚生労働大臣に対し再審査請求を行うことが出来る。」とされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1962年、行政不服審査法が制定され、行政処分一般に不服の申し立ての道が開かれた。
     生活保護法において、保護を受けることを国民の権利であることを明確に示しているのが、不服申立て制度である。
     不服審査制度の目的は、行政不服審査制度の第1条で、「この法律は、行政庁の違法または不法な性分、その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民に対して広く行政庁に対する不服申立ての道を開くことによって、簡易迅速な手続きによる国民の権利と利益の救済を図るとともに、行政の適切な運営を確保することを目的としている。問題が生存権・生活権に関わるものだけにすばやい解決が要求される。
     不服申立てには3つあり、「異議申..

    コメント1件

    zukkuri 購入
    参考になりました。
    2006/05/13 1:47 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。