バイステックについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,728
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     福祉の重要な原則に「バイステックの7つの原理」がある。これは、アメリカの社会福祉研究者であるフェリクス・バイステックが示した、個別援助における援助関係の原則である。援助者とクライエントの間に望ましい援助関係を成立させるために、7つの基本原則をあげている。
    ?個別化の原則:クライエントは、ここの人生におけるさまざまな経験を持ち、特定の人格を持つかけがえのない存在である。言い換えると、価値観は人それぞれ違う。そのため、援助者はクライエントが一人ひとり違うことを認識し、個々のクライエントに応じた援助をする。
    ?受容の原則:クライエントがどのような行動、態度、価値観、感情などを示しても、それを現実の姿として認め、受け入れる。言い換えると、価値観の違いを受け入れることである。
    ?自己決定の原則:援助者がクライエントに変わって何かをするのではなく、クライエントが自ら選択し決定することである。援助者はクライエントが自分の意思と能力によって、問題解決に取り組むように働きかける。言い換えると、やってあげるのではなく、やらせて見守ることである。
    ?意図的な感情表出の原則:援助者はクライエントの感情や上尾に焦点を当てながら、その問題状況を理解すること。そのため、クライエントが自分の感情を自由に表現できるよう、援助者が意図的に関わることである。言い換えると、言いたいことを言える場を作ることである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉の重要な原則に「バイステックの7つの原理」がある。これは、アメリカの社会福祉研究者であるフェリクス・バイステックが示した、個別援助における援助関係の原則である。援助者とクライエントの間に望ましい援助関係を成立させるために、7つの基本原則をあげている。
     ①個別化の原則:クライエントは、ここの人生におけるさまざまな経験を持ち、特定の人格を持つかけがえのない存在である。言い換えると、価値観は人それぞれ違う。そのため、援助者はクライエントが一人ひとり違うことを認識し、個々のクライエントに応じた援助をする。
     ②受容の原則:クライエントがどのような行動、態度、価値観、感情などを示しても、それを現..

    コメント6件

    yoshinori 購入
    参考にさせていただきます。
    2006/07/07 19:18 (10年5ヶ月前)

    あぃき 購入
    参考にさせていただきました
    2006/07/18 0:55 (10年4ヶ月前)

    kouwa1204 購入
    大変参考になりました。
    2006/08/30 18:37 (10年3ヶ月前)

    koomay 購入
    参考になりました。
    2006/09/20 21:15 (10年2ヶ月前)

    love56 購入
    騙された。
    2006/10/26 4:39 (10年1ヶ月前)

    hanamikan 購入
    大変参考になりました
    2007/06/08 4:36 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。