社会保障論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数175
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「医療保険制度の概要について」
    1 はじめに
    わが国の医療保障制度は、1961 年に「国民皆保険」が実現して以来、年々整備の進んだ
    医療提供体制とともに、国民の「安心」と生活の「安定」を支え、世界最高水準の平均寿命
    や高い保健医療水準を実現してきた。しかし、急速な高齢化、経済の低迷、医療技術の進
    歩、国民の意識の変化など、医療保障制度を取り巻く環境は大きく変化しており、医療保
    障制度の再構築が今見直されようとしている。
    ここでは、医療保険制度の概要について述べていく。また、問題点についても考察して
    いく。
    2 医療保険制度の概要
    (1) 医療保障とは
    医療保障とは、国民の健康の保持・増進を図るために、疾病の予防・治療・リハビリテ
    ーションなどの保健医療サービスの機会を公的責任で保障することである。医療保障制度
    は、医療そのものを国が供給する医療サービス型と、社会保険制度を用いる医療保険型に
    分けられ、わが国では、医療保険型を採用している。
    医療保険は、病気やけがをしたときの医療(現物)や生活費の保障を主な目的とする社
    会保険であるが、あわせて出産、死亡のときにも一定の保障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。