社会保障論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数267
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会保障の役割と機能について」
    1 はじめに
    私たちは生活していく中で、傷病、失業、老齢、育児、介護などといった生活を不安定
    にさせることが起きる可能性がある。
    「社会保障とは、国民の生活の安定が損なわれた場合に、国民に健やかで安心できる生活
    を保障することを目的として、公的責任で生活を支える給付を行うものである」
    社会保障制度審議会の社会保障将来像委員会の第一次報告(1993 年)は、社会保障の概
    念をこのように説明している。
    ここでは、社会保障の機能にはどのようなものがあり、どのような役割を果たしている
    のか、さらには今後の課題についても述べる。
    2 社会保障制度とは
    社会保障制度は、所得保障、医療保障、社会福祉サービス保障、介護保障、公衆衛生お
    よび医療から構成されている。
    所得保障の目的は、生活上の事故や障害や高齢から生ずる所得の減少、中断、喪失の危
    険に備えて、一定の所得を確保することである。医療保障の目的は、国民が必要とする医
    療そのものを現物サービスで提供し、国民の健康を守っていくことにある。社会福祉サー
    ビス保障の目的は、児童、高齢者、障害者や母子・父..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。