社会福祉援助技術各論Ⅲ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数188
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「間接援助技術の必要性、今後の課題について述べよ。」
    1 はじめに
    間接援助技術は、地域福祉というまちぐるみの支援体制づくり、社会福祉援助活動の促
    進や直接援助技術を有効に活用するための活動である。間接援助技術は、地域援助技術、
    社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法からなり、利用者への
    直接援助と併用または統合されて実践的な援助効果を発揮する技術である。
    ここでは、間接援助技術の必要性と今後の課題について述べていく。
    2 間接援助技術について
    ① 地域援助技術(コミュニティワーク)
    地域援助技術とは、地域アセスメント、社会サービスの開発のコーディネート、各機関
    や組織との連絡・調整などの機能をもち、地域社会の中で、共通する福祉課題の解決を目
    指す住民組織や関係団体の活動をソーシャルワーカーが専門的に支援する技術である。
    ② 社会福祉調査法(ソーシャルワーク・リサーチ)
    社会福祉調査法の目的は、社会福祉の実態、対応するサービスや方策の問題を明らかに
    する事を通じ、問題解決や実践活動の改善に素材や資源を提供する事で、単なる手段では
    なく方法であり、一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。