社会福祉援助技術各論Ⅱ①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数221
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。」
    1 はじめに
    人は一人で生きているのではなく、さまざまな集団や組織のなかで生きており、社会的
    な存在である。人は集団への参加によって、社会的に受け入れられる行動を学んだり、そ
    の人が望む社会関係を結んだり、また、その人なりの目標を見出し、その人が暮らす大き
    な社会システムのなかからさまざまな利益を引き出すことができる。人は地域社会、レク
    リエーションのグループなどの活動のなかで、さまざまな経験を重ね、社会の発展と継続
    に関わることが大切である。
    ここでは、集団援助技術(以下グループワーク)とは何であるか、歴史的展開にも注目
    しまとめる。
    2 グループワークとは
    グループワークは、意図的に構成された小グループを対象として、グループのもつ影響
    力を活用して、そのグループのもつ諸問題を解決するとともに、個々のメンバーの成長を
    促したり課題を達成したりすることを援助するものである。
    3 グループワークの歴史的展開
    (1) 社会改良運動
    ① YMCA
    19 世紀、イギリスでは産業革命によるさまざまな影響が社会問題として発生し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。