社会福祉援助技術各論Ⅰ②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数127
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ。」
    Ⅰ 個別援助技術(ケースワーク)とは
    個別援助技術の展開過程を述べるにあたり、はじめに個別援助技術の定義を示す。
    個別援助技術とは、社会生活を送るうえで身体的、精神的、社会的などの諸要因によっ
    て何らかの解決を要する生活課題に直面している個人や家族に対して、その問題解決や課
    題遂行を援助するために、援助者によって用いられる援助技術である。グループワークや
    コミュニティワークなどの援助技術との違いは、特に援助者の主観が介入しやすいことに
    より、その援助者の特性によって援助方法が異なること、さらに個別的な援助のために利
    用者という個人を主として考え、その環境に適応するために必要な援助を行っていくとこ
    ろである。
    Ⅱ 個別援助技術の展開過程
    1 相談活動の対話
    個別援助技術には多くの理論があり、それによって多くのアプローチが存在する。また、
    その相談内容には、社会福祉に関する制度の利用や利用者を取り巻く地域生活環境及び家
    族を取り巻く生活問題など多種多様にわたっている。そのような相談活動を展開する中で、
    その中核となる「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。