情報処理論 コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,168
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 コンピュータの歴史
     コンピュータとは、トランジスタ・集積回路などを用いた高速自動計算機のことである。演算装置のほかに制御装置・記憶装置を備え、あらかじめ作成したプログラムに従って計算や論理的処理を速やかに行うことができる。
     コンピュータは電気回路で計算を行うがその主要部品を論理素子という。コンピュータの歴史は、その論理素子の発展の歴史と言える。使われている論理素子の違いにより、次の4つの世代に分けられる。
    ? 第1世代コンピュータ(〜1958年)
     1946年、米国ペンシルバニア大学で当時ラジオや通信機器に使われていた真空管を論理素子に使い、ENIACと名づけられた初めてのコンピュータが作られた。真空管19,000本を使い、重量30トン、床面積450?、という巨大なものであった。40年代前半の大戦中に大砲の弾道計算などのため開発が始まったものである。
    ? 第2世代コンピュータ(1958〜1963年)
     1949年にベル研究所でトランジスタを論理素子に使ったコンピュータが発明された。真空管と違い、安定・小型化するようになった。? 第3世代コンピュータ(1964年〜1979年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。」
    1 コンピュータの歴史
     コンピュータとは、トランジスタ・集積回路などを用いた高速自動計算機のことである。演算装置のほかに制御装置・記憶装置を備え、あらかじめ作成したプログラムに従って計算や論理的処理を速やかに行うことができる。
     コンピュータは電気回路で計算を行うがその主要部品を論理素子という。コンピュータの歴史は、その論理素子の発展の歴史と言える。使われている論理素子の違いにより、次の4つの世代に分けられる。
    ① 第1世代コンピュータ(~1958年)
     1946年、米国ペンシルバニア大学で当時ラジオや通信機器に使われていた真空管を論理素子に使い、ENIACと名づけられた初めてのコンピュータが作られた。真空管19,000本を使い、重量30トン、床面積450㎡、という巨大なものであった。40年代前半の大戦中に大砲の弾道計算などのため開発が始まったものである。
    ② 第2世代コンピュータ(1958~1963年)
     1949年にベル研究所でトランジスタを論理素子に使ったコンピュ..

    コメント1件

    kaito0514 購入
    助かりました。ありがとうございます。
    2006/11/07 18:15 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。