牛乳の成分分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数13,845
ダウンロード数73
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート牛乳成分分析

    代表キーワード

    牛乳

    資料紹介

    牛乳からカゼインを分離精製し、タンパク質の定性試験と脂質の確認を行う。
    薄層クロマログラフィーにより、牛乳に含まれる糖の同定を行う。

    等電沈殿とは、タンパク質水溶液のpHがある値になると、タンパク質の正電荷と負電荷が等しくなる。このときのpHをそのタンパク質の等電点という。
    タンパク質の溶解度は電点で最小になる。そのため、タンパク質の結晶化は等電点で行われることが多い。カゼインの単離も等電点における溶解度が最小になることを利用したものである。
    牛乳に酢酸を加えることによってpHが下がる。
    今回の実験では酢酸を加えた時(沈殿が精製したときの上澄み液)のpHが4.2であった。タンパク質の酸による沈殿は、等電点沈殿とカゼインの等電点(pH4.2〜4.7)がある。つまり、酢酸を加えたときのpHがカゼインより小さいため当然沈殿がおこる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    牛乳の成分分析
    牛乳の成分分析
    目的 牛乳からカゼインを分離精製し、タンパク質の定性試験と脂質の確認を行う。
        薄層クロマログラフィーにより、牛乳に含まれる糖の同定を行う。
    試料・試薬
    牛乳 10ml 1% 酢酸 2% CuSo₄ アセトン 濃硝酸 4㏖/ℓ HCl アンモニア水 10% NaOH ニンヒドリン 試薬
    試料 *商品名:明治北海道牛乳(10ml使用)*
        無脂乳固形分8.4%以上
        乳脂肪分  3.6%以上
        殺菌140℃ 3秒間
        製造者:明治乳業(株)旭川工場
    器具
    名称 容量 班での数 用途 メートルグラス 10ml 1 蒸留水・酢酸兼用..

    コメント8件

    ts825jp 購入
    手順・結果についてもう少し詳しく書いてあれば良かったと思います。
    2006/01/28 23:50 (10年10ヶ月前)

    yokosan1501 購入
    参考になりました
    2006/07/11 1:16 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 9:09 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:46 (10年3ヶ月前)

    456aasd 購入
    参考になりました。
    2006/10/03 18:16 (10年2ヶ月前)

    ac018044 購入
    参考になりました。
    2006/10/28 0:07 (10年1ヶ月前)

    rujdidhdox3 購入
    よい
    2007/01/08 2:12 (9年11ヶ月前)

    329azu 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 3:34 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。