[GOOD] ルターの宗教改革者までの道のり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数835
ダウンロード数71
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ルターは宗教改革の先駆者である。免罪符について疑問を持ち、「95ヶ条」を発表し
    当時のキリスト教のあり方に疑問を提示した。そしてそれは当時の印刷術によってヨーロッパ中に広まった。しかし、ルターは初めから熱心なキリスト教信者であったわけではない。ルターが宗教改革を起こすには様々な要因が合った。それらはどのような要因であったのか。それらを見ていこうと思う。ルターは1483年11月10日ドイツのアイスレーベンに住む鉱夫ハンス・ルターの子として生まれた。ルターの父はルターが生まれて六ヵ月後にマンスフェルトに移り、そこでかなりの財産を築き、経済的に恵まれた生活をしていたようである。母マーガレットは信仰厚く、少年ルターに10誡、主の祈り、使徒信条を教えた。ルターの家庭は、当時のドイツにおいては平凡な中流階級の家庭であった。ルターの教育はマンスフェルトで始まり、マグデブルク、アイゼナッハに移ったが、それぞれの地で楽しい学生生活を送っていたようである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キリスト教学Ⅱ                        
    アメリカとドイツのキリスト教                   
    ルターの宗教改革者への道のり
     ルターは宗教改革の先駆者である。免罪符について疑問を持ち、「95ヶ条」を発表し
    当時のキリスト教のあり方に疑問を提示した。そしてそれは当時の印刷術によってヨーロッパ中に広まった。しかし、ルターは初めから熱心なキリスト教信者であったわけではない。ルターが宗教改革を起こすには様々な要因が合った。それらはどのような要因であったのか。それらを見ていこうと思う。
     ルターは1483年11月10日ドイツのアイスレーベンに住む鉱夫ハンス・ルターの子として生まれた。ルターの父はルターが生まれて六ヵ月後にマンスフェルトに移り、そこでかなりの財産を築き、経済的に恵まれた生活をしていたようである。母マーガレットは信仰厚く、少年ルターに10誡、主の祈り、使徒信条を教えた。ルターの家庭は、当時のドイツにおいては平凡な中流階級の家庭であった。ルターの教育はマンスフェルトで始まり、マグデブルク、アイゼナッハに移ったが、それぞれの地で楽しい学生生活を送って..

    コメント8件

    thinking 購入
     
    2006/06/22 21:52 (10年5ヶ月前)

    mt61616161 購入
    とても参考になった。
    2006/07/21 17:06 (10年4ヶ月前)

    yukochankoro 購入
    good
    2006/07/24 22:55 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 9:10 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:39 (10年3ヶ月前)

    judy1231jpp 購入
    参考になります
    2006/11/28 17:14 (10年前)

    mickey0802 購入
    参考になりました。
    2007/01/19 0:51 (9年10ヶ月前)

    finesse03 購入
    参考になります。
    2007/07/19 23:58 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。