自立と自律 ‐家庭教育‐

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,276
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    人は完全に、まったく一人では絶対に生きていけないと思う。家庭教育が必要な時期の子供では両親やそのほかの家族による助けや、周囲の人とのふれあいがなければ精神的に自立していくことは難しいだろう。
    そのような人が自立していく上で重要な時期に、両親やそのほかの家族などからさまざまな家庭教育を受けて、子供は成長し、精神的にも社会的にも自立した大人になっていくのだと思う。

    さて、私は現在19歳と半年の人生を家族や周囲の多くの人々に、支えられ、競い合い、時にはいがみ合い、過ごしてきた。19歳といえばもう大人である。
    自分で物事を把握し考え、行動できなければいけない歳になってきているのだ。
    人によって違うところだが、私は経済的な面ではまだまだ両親に支えられ大学にも「いかせて頂いている」ような状態だ。しかし、ここまで曲がりなりにも人並みの自我や自己がある人間に育つことができてきたようだ、と思っている。
    両親や私を育ててくれた周囲に感謝しなければいけない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私における自立と自律について考える
    ‐家庭環境の主たる機能は子供の社会のよりよい促進を図ることにある‐
    人は完全に、まったく一人では絶対に生きていけないと思う。家庭教育が必要な時期の子供では両親やそのほかの家族による助けや、周囲の人とのふれあいがなければ精神的に自立していくことは難しいだろう。
    そのような人が自立していく上で重要な時期に、両親やそのほかの家族などからさまざまな家庭教育を受けて、子供は成長し、精神的にも社会的にも自立した大人になっていくのだと思う。
    さて、私は現在19歳と半年の人生を家族や周囲の多くの人々に、支えられ、競い合い、時にはいがみ合い、過ごしてきた。19歳といえばもう大人である。
    自分で物事を把握し考え、行動できなければいけない歳になってきているのだ。
    人によって違うところだが、私は経済的な面ではまだまだ両親に支えられ大学にも「いかせて頂いている」ような状態だ。しかし、ここまで曲がりなりにも人並みの自我や自己がある人間に育つことができてきたようだ、と思っている。
    両親や私を育ててくれた周囲に感謝しなければいけない。
    本来、これは中学生から高校生前後の年代の自立状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。