ドイツにおける環境政策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,316
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    ドイツ環境

    代表キーワード

    環境ドイツ

    資料紹介

    今世界中が「環境問題」に注目している。地球は瀕死の状態にあるといっても過言ではないほど、地球上が大きな傷を背負っているのである。長い年月をかけて育まれた自然環境を人間達が己のエゴイズムために自然が作られるのにかかる時間からは想像もできない速さで壊し続けて来た。だが人間はその事実から目を背け、豊かな生活のためという大義名分をかざし発展を続けてきた。その結果が今の「地球環境問題」につながっている。何と恐ろしい話であろう。人間は長い間、自然を支配し、発展のために力を注いで来たはずであったが、それは大きな間違いではなかったか?今一度考えなくてはならない時がやって来たのである。ドイツは、他国よりも早く地球環境の保全に目を向け始め、その結果、いち早く「循環型社会」の基盤を作り上げることに成功した。ドイツを中心としヨーロッパでも早くからドイツの政策を取り入れたりと、環境保護においてドイツは現在、他国の見本といえるであろう。そこで、どのようにしてドイツが「環境先進国」と言われるまでに成長し、「循環型社会」を築き上げてこられた要因を考察していこうと思う。まず第一節にはその広い取り組みの中で「環境首都」フライブルクのごみ処理対策の取組みについてピックアップしたいと思う。次に第二節に環境対策における日本とドイツの比較について述べたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境先進国 ドイツ
    ごみの賢いリサイクル
    「はじめに」
     今世界中が「環境問題」に注目している。地球は瀕死の状態にあるといっても過言ではないほど、地球上が大きな傷を背負っているのである。長い年月をかけて育まれた自然環境を人間達が己のエゴイズムために自然が作られるのにかかる時間からは想像もできない速さで壊し続けて来た。だが人間はその事実から目を背け、豊かな生活のためという大義名分をかざし発展を続けてきた。その結果が今の「地球環境問題」につながっている。何と恐ろしい話であろう。人間は長い間、自然を支配し、発展のために力を注いで来たはずであったが、それは大きな間違いではなかったか?今一度考えなくてはならない時がやって来たのである。ドイツは、他国よりも早く地球環境の保全に目を向け始め、その結果、いち早く「循環型社会」の基盤を作り上げることに成功した。ドイツを中心としヨーロッパでも早くからドイツの政策を取り入れたりと、環境保護においてドイツは現在、他国の見本といえるであろう。そこで、どのようにしてドイツが「環境先進国」と言われるまでに成長し、「循環型社会」を築き上げてこられた要因を考察していこう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。