小売販売における電子商取引(EC)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数531
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、はじめに
     インターネットなどネットワーク化によって、ビジネスのメカニズムは大きく変貌しつつある。インターネットが一般消費者に普及するにつれて、電子商取引による小売販売が
    急速に拡大している。本レポートでは、電子商取引の中でも、企業・消費者間の取引である「B to C」の現状、そしてバーチャルモールの一例から小売販売の重要課題である仲介業の信頼形成について論じていく。
    2、ECのBtoC取引
     電子商取引は大きく3つに分けられ、企業同士の取引を「B to B」(Business to Business)、企業・消費者間の取引を「B to C」(Business to Consumer)、消費者同士の取引を「C to C」(Consumer to Consumer)と呼ぶ。B to C取引では、Webサイトを介して消費者に製品やデジタルコンテンツを販売する電子商店が代表的である。電子商店を多数集めて一元的なサービスを提供する、電子商店街というビジネス形態も生まれている。このほかに、インターネット上で人材派遣や製品売買の仲介を行うサービスや、株式などの金融商品をインターネットを通じて売買するオンライントレードなども、B to Cの代表的な例である。
    3、日本でのECの現状と実例
     経済産業省、電子商取引推進協議会、NTTデータ経営研究所が共同で行った調査によれば、2001年において日本のB to C取引市場は1兆4,840億円に達している。また、2006年にかけて、B to C市場は年率役3割のスピードで拡大すると予想されている。(図1)
     また、B to C取引の家計消費支出に占める比率は、2001年においては0.55%とまだまだ小さいが、2006年には5.8%に上昇すると予想されている。
    ここでは、インターネットを通じた生産者・消費者間の直接取引の中でも円滑な取引を実現した一例として,バーチャルモールについて説明する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小売販売における電子商取引(EC)について
    1はじめに
     インターネットなどネットワーク化によって、ビジネスのメカニズムは大きく変貌しつつある。インターネットが一般消費者に普及するにつれて、電子商取引による小売販売が
    急速に拡大している。本レポートでは、電子商取引の中でも、企業・消費者間の取引である「B to C」の現状、そしてバーチャルモールの一例から小売販売の重要課題である仲介業の信頼形成について論じていく。
    2、ECのBtoC取引
     電子商取引は大きく3つに分けられ、企業同士の取引を「B to B」(Business to Business)、企業・消費者間の取引を「B to C」(Business to Consumer)、消費者同士の取引を「C to C」(Consumer to Consumer)と呼ぶ。B to C取引では、Webサイトを介して消費者に製品やデジタルコンテンツを販売する電子商店が代表的である。電子商店を多数集めて一元的なサービスを提供する、電子商店街というビジネス形態も生まれている。このほかに、インターネット上で人材派遣や製品売買の仲介を行うサービスや、株..

    コメント1件

    dio098 購入
    よかった
    2006/11/14 18:16 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。