玉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数286
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート史学文化史装飾

    代表キーワード

    史学

    資料紹介

    日本と韓国と北朝鮮の一部で伝えられ、世界に類を見ない独特の形をしている曲玉。その由来には、月をかたどったもの、釣り針をかたどったもの、動物の牙をかたどったもの、胎児をかたどったもの、魚をかたどったもの、腎臓をかたどったものといった信仰による様々な説がある。単なる装飾具でなく、権力の象徴、護符、呪術的な意味を持った祭器として使われていたようだ。主な色は、緑を基準に「ヒスイ」、「青メノウ」、白や赤は「メノウ」、水晶などがある。
     また、曲玉は皇位継承の象徴とされる三種の神器の一つである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代の女性にも好まれている装飾品の玉。遣隋使や遣唐使といった文化的交流もない時代に、なぜ中国と日本の両国の古代人は、玉を愛していたのか気になった。
     まず、日本と韓国と北朝鮮の一部で伝えられ、世界に類を見ない独特の形をしている曲玉。その由来には、月をかたどったもの、釣り針をかたどったもの、動物の牙をかたどったもの、胎児をかたどったもの、魚をかたどったもの、腎臓をかたどったものといった信仰による様々な説がある。単なる装飾具でなく、権力の象徴、護符、呪術的な意味を持った祭器として使われていたようだ。主な色は、緑を基準に「ヒスイ」、「青メノウ」、白や赤は「メノウ」、水晶などがある。
     また、曲玉は皇位継承の象徴とされる三種の神器の一つである。「ヤアタの鏡」、「クサナギの剣」そして「ヤサカの曲玉」。「古事記」に、天孫降臨の際、アマテラスがヒコホノニニギに授けたと記録されている。同じ書の前段には、アマテラスとヒコホノニニギの対面の話に、アマテラスは左の髪に玉を巻き、御かずらに玉、左右の手に玉をつけていたと書かれている。そして、天の岩戸の場面でも、タマノヤノミコトはヤサカノマガダマを作り、アメノ..

    コメント14件

    hinyan 購入
    good
    2006/04/16 3:13 (10年8ヶ月前)

    ikunaga 購入
    参考になりました
    2006/06/12 22:56 (10年6ヶ月前)

    bukeyishi 購入
    aa
    2006/07/03 12:45 (10年5ヶ月前)

    toproad 購入
    参考になりました
    2006/07/10 17:53 (10年5ヶ月前)

    kosumosu 購入
    参考になった
    2006/07/18 17:25 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    とても参考になりました。
    2006/07/30 9:39 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    .
    2006/08/16 0:35 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:40 (10年3ヶ月前)

    naotan 購入
    参考になりました
    2006/10/03 8:40 (10年2ヶ月前)

    1001haru 購入
    o
    2006/12/22 12:58 (10年前)

    kanotch 購入
    参考になりました。
    2007/01/02 21:24 (9年11ヶ月前)

    ab40043 購入
    参考になりました
    2007/01/08 22:24 (9年11ヶ月前)

    naribou311 購入
    参考になりました
    2007/01/12 12:50 (9年11ヶ月前)

    mickey0802 購入
    参考になりました。
    2007/01/19 0:51 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。