フードシステムの深化と安全問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数315
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.安全と安心の基本モデル
    1.1 色の安全性の特殊要因
    消費財の安全性の中でもとりわけ食品の安全性に対する関心が高いのは、第1に直接体内に取り入れられる消費形態であること、第2に日常的に消費されること、第3に危険をもたらす原因因子が非常に多様なこと、第4に次世代に影響を与えるような危険も存在することである。

    1.2 安全度とその揺らぎ
    安全は客観的な尺度、安心は主観的な尺度で把握される。
     安心度は、安全度、安全度の揺らぎ、危険に対する主観的評価の3つの要因から構成される。

    1.3 安全度とその揺らぎ
     安全度とは、どれだけ危害因子を取り除いたかによって決まる。この安全度の水準は、食品工学技術の発展と産業の近代化によって、確実に向上してきた。しかし安全度をいくら正確に把握しようとしても、どうしても情報の揺らぎが混入してしまう。情報の不確実性が問題となる。
     安全度情報の揺らぎは、食品を提供した側が関与できない事情、消費者の事情に起因する揺らぎもある。

    1.4 危険に対する主観的評価
     安全への配慮を徹底したとしても、決して危険をゼロにすることはできない。安全度を安心度へ評価替えするには、残る危険がどのくらいの確率で起こるかを個人の効用で把握することで行われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フードシステムの深化と安全問題
    1.安全と安心の基本モデル
    1.1 色の安全性の特殊要因
    消費財の安全性の中でもとりわけ食品の安全性に対する関心が高いのは、第1に直接体内に取り入れられる消費形態であること、第2に日常的に消費されること、第3に危険をもたらす原因因子が非常に多様なこと、第4に次世代に影響を与えるような危険も存在することである。
    1.2 安全度とその揺らぎ
    安全は客観的な尺度、安心は主観的な尺度で把握される。
     安心度は、安全度、安全度の揺らぎ、危険に対する主観的評価の3つの要因から構成される。
    1.3 安全度とその揺らぎ
     安全度とは、どれだけ危害因子を取り除いたかによって決まる。この安全度の水準は、食品工学技術の発展と産業の近代化によって、確実に向上してきた。しかし安全度をいくら正確に把握しようとしても、どうしても情報の揺らぎが混入してしまう。情報の不確実性が問題となる。
     安全度情報の揺らぎは、食品を提供した側が関与できない事情、消費者の事情に起因する揺らぎもある。
    1.4 危険に対する主観的評価
     安全への配慮を徹底したとしても、決して危険をゼロにすることはできない..

    コメント1件

    chisato0819 購入
    文章が明確で非常に分かり易いです。
    助かりました!
    2006/01/04 20:57 (10年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。